So-net無料ブログ作成

知恩院 [07京都]

どういうわけか、
このお寺には、まだ足を踏み入れていない。
それこそ、何度も行った南禅寺からも、
平安神宮からも、八坂神社からも近いのにだ。
理由は分からない。

だけど、一両日で、
この知恩院に触れる機会が数度あった。
一つは、今、ボクの密かな楽しみである
五木寛之氏の「百寺巡礼」のDVDで、
知恩院の回を見たこと。

法然、浄土宗のこと。
徳川家の庇護のことなどを知った。

だが、個人的には、
トム・クルーズのラスト・サムライのロケがあったこと。
これが、一番、ボクの頭に残っているのだが…。

その男坂は、最も大きいとされる国宝の三門を入って
すぐの男坂で撮影された。
五木氏も、その坂を登っていた。

で、次に今、毎週必ず購入している
「古寺を巡る」の雑誌で、
今回は知恩院を取り上げていた。

というわけで、
次回の上洛では、絶対、
訪れるぞ。知恩院に。


DVD全集 [07京都]

最近、ネットであるDVD全集を購入した。
全5巻だが、1巻分だけは、在庫が少なかったため、
まだ来ていない。

で、深夜、少しずつ、それをひとり
明かりを暗くして楽しんでいる。
五木寛之さんが百寺を巡礼したものを
テレビ放映し、DVDにまとめたものだ。

すでに、本では10冊に一応、
目を通しているが、
やはり映像でないと分かりにくい部分もある。
もちろん、本の方が奥行き深いところも多いのだが…。

で、一番直近で見たのが、
昨年暮れにたずねた万福寺。
曹洞宗のお寺である。

実際に、見学したのに、
見落としていたり、そういうことだったのかいう点も多々ある。
お寺を理解するうえで、
相乗効果になれば、と思って購入したが、
今のところ狙い通りである。

DVDで見たお寺の部分を、
もう一度本で理解を深めてみようと、
考えているところである。


やっぱり、いいな [07京都]

京都って本当に落ち着きますね。
久々の上洛でも、つくづく感じます。
別に神社仏閣を訪れなくても、
その場の雰囲気というか、
町の風格というか、それを感じてしまいます。

もちろん、風景の存在も大きいですが、
そこに住んでいる京都の人々の
何とも言えぬ、ほんわかした話しぶりも、
大きな要因になっていると思います。

特に女性の場合、
あの話し方をされると、
きっと喧嘩なんかにはならないでしょうね。

あすは、京都3大祭りのひとつの葵祭。
残りの2つは、大学時代に経験済みですが、
このザ・祭りとも言える、
葵祭だけは、関わったことがありませんでした。

その意味でも、
今から、本当に、本当に、
楽しみです。

詳しくは、また報告します。


葵祭ヒロイン [07京都]

京都の3大祭りといえば、
もちろん葵祭、祇園祭、そして時代祭である。

かつて、せっかく京都に4年間も住んでいたのに、
全部を見た訳ではない。

で、3大祭りおトップを飾る葵祭だが、
そのヒロインは「斎王代」と言われる。
その斎王代に英語教室の講師が選ばれた。

実は、彼女の母も1967年に選ばれたらしい。
母が第12代、彼女が第52代である。

母娘続けての大役は、
初めてのケースと思っていたら、
これが2回目だそうだ。

彼女は、わが母校の出身だそうだ。
大学を卒業後、
イギリスに留学していたこともあるそうだ。

今年は、是非とも、この3大祭りに
全部、行ってみたい、と思っている。

その前に、しっかり勉強しようと。


仏教大通信 [07京都]

やっと、仏教大学の通信学部の
シラバスと学生証が届いた。
まるで、入学式を迎える子どものようにうれしい。

学生証は「仏教教養コース」と
「京都の歴史と文化コース」の2枚である。
学生証に写った顔写真もなかなか、りりしい。

これから、各単元ごとに教科書を
そろえなければならないが、
それもまた楽しい。

その参考文献を読んで、
自分なりの意見を小論文として提出、
それから試験を受ける、
という流れで進んでいく。
これから、1年間の勉強だ。

暗記ものとは違って、
自分の意見をまとめて、論文を書き、
それを専門家=教授に添削してもらう、
本当に楽しみである。

特に、これから歳を取って行くに連れ、
心の平安をどう保つか、
その意味でも、「仏教教養コース」は待ち遠しい。

両方のコースとも、
実際に京都に出かけ、
実習も行う。
志を同じくする人たちに会えるのも、楽しみである。


通信制大学 [07京都]

朝、起きて一番に、
近くの病院に行った。
何も風邪を引いたとか、病気になったとか、
そんな訳ではない。
診断書を書いてもらうためだ。

この4月から、京都の仏教大学の
通信制で勉強することにした。
「京都あれこれ」と「仏教について」が学習テーマ。

心は、もう大学生で、
早速、診断書を付けた、
入学申込書を書留速達で提出した。

詳しくは分からないが、
たぶん定期的な「宿題」が、送られてくるはずだ。
添削になるのかな。
それから、年に1回は、
実際に京都へ行っての学習があるはずだ。

ところで、どんな人が受講するのだろうか。
出来たら、切磋琢磨できる関係になれば、うれしいな。

一生、勉強。これをモットーに頑張ろう。
そうそう、診断書を書いてもらった内科の先生が
こう言っていた。
「また勉強されるんですか。
僕も気象予報士の免許を取ろうと思っているんですよ」
とっても、勇気づけられた。


マイブーム空海 [07京都]

心の平安を求めたいー
最近、とみにそう思う。
物質も大切だけど、それ以上のもの、
つまり心の満足が欲しい、
そんな気分の今日この頃だ。

で、僕の関心は仏教に向かっている。
と言っても、信仰心が増したとか、
まわりに不幸な人が増えたとか、
そんな訳ではないのだが…。

中でも、一番気になっているのが、空海だ。
そう、平安時代に真言宗を開いた、その人である。
昨年末、久しぶりに、京都・東寺を訪れたとき、
無性に空海を思い出した。

なぜ、空海かと言われても、
うまく説明できない。
今年、仏教大学の通信講座を受けることにしたので、
この辺りを研究して、報告したいと思っている。

それはともかく、面白い記事というか、
うらやましい記事を見つけた。
神奈川県小田原市の僧侶が、
中国に渡った空海の足跡を追体験するというのだ。

出発点は、やはり東寺。
船で上海に渡った後、
唐の都・長安があった西安まで徒歩で目指すという。
行程は2600キロ。

空海が通ったルートははっきりしないが、
できるだけ、そのルート通りに歩くという。
この難行を成し遂げた後の感想を、
ぜひ聞いてみたいものだ。


四季めぐり [07京都]

前から、気になっていた本を購入した。
題して「春夏秋冬 京都-四季めぐり」である。

京都といえば、春と秋と言われているが、
実は夏も冬もいいのである。

かつて4年間暮らしていたが、
確かに京都の夏は暑いし、冬は寒い。
でも、だからこそ、
いいとも言える。

例えば、夏はなんと言っても、
祇園祭。1ヶ月間も続く、この祭りを、
じっくり味わいたいものだ。

冬景色も素晴らしい。
かつて、京都に住んでいたとき、
雪が降ると、バイクを飛ばして、
金閣寺まで行っていた。
誰もまだ踏みしめていない、
境内を歩くのは至極の楽しみだった。

で、この本は、
春夏秋冬、そして暮らし、美、生活という分け方で、
京都を紹介している。
暇な時は、パラパラめくりながら、
京都散策できる。
「京都って、ほんま、いいとこ、どすぇな」


古寺を巡る・東寺 [07京都]

京都に着いたな、と実感するのは、
やはり、ろうそく型の京都タワーと、
東寺の五重塔を見た時だ。
でも、京都駅が新しくなって、京都タワーが見えにくくなってからは、
唯一、五重塔だけかもしれない。

毎週、定期購読している「古寺を巡る」は、
写真がふんだんに盛り込まれ、
入門編としては、なかなかの出来映えだ。

で、3回目は東寺である。
1,2回目は奈良の寺だったので、
京都は初登場だ。

学生時代を含めても、
実際に東寺に出かけたのは、たぶん3回程度。
1回は、終弘法と初弘法には、
行ってみたかったのだが、
実現じまいだった。
ちなみに、北野天満宮さんの方は、
1月も12月も出かけたけれどね。

その東寺だが、
今の五重塔は5代目だそうだ。
実家近くの山口・瑠璃光寺にも、
五重塔があるけれど、両方とも好きだな。

でも、一方で、権威の省庁のような気もする。
両界曼荼羅もいいけれど、
講堂の中にある、大日如来を中心に21体ある仏像群にが、
圧倒されるばかりである。

そして、何より空海。
今、「僕って何」の三田誠広の「空海」を読んでいる最中なので、
読破した後で、東寺を再訪してみたいと思う。


下宿暮らし [07京都]

1年間、東京での予備校生活はしたものの、
本格的な下宿生活は京都が初めてだった。

夢と希望に満ちあふれていたな、あの頃は。
でも、お金もなかったな、あの頃は。
もちろん、携帯電話やパソコンなんて、全くなかったな、あの頃は。

で、最初は比叡山の麓の岩倉に住んでいた。
これが、寒い京都の中でも、とりわけ寒かった。
しかも、標高もけっこうあって、
自転車で、大学に行くときは、
下り道で、すこぶる楽なんだけど、
帰りのしんどさと言ったら、それはもう。
で、結局は、家に帰らず、
途中の友人の下宿に泊まることしきりだった。

結局、そこには3カ月しかいなかったけど、
下宿で知り合った友達に、
誘われ、サークルに入って、
そこから友人関係も広がったのだから、
もし、そこに入っていなかったら、
違った大学生活だったかもね。


古寺を巡る [07京都]

小学館が1月末から、
50回シリーズで「古寺を巡る」を出版する。
最近、流行のウイークリーブックである。
つまり、週1回、1冊ずつ出される。

初回は法隆寺、2回目は東大寺と、
いずれも奈良。今のところ、ここまで。
これから、京都のお寺も出版されるが、
予定では50回のうち、28回が京都の古寺である。

このウイークリーブックだが、
写真が多様に使われており、極めてビジュアル的で見やすい。
例えば、東大寺の場合、
大仏から始まり、二月堂、三月堂、そして正倉院…

3,4年前だったが、
週間「京都を歩く」全50巻を購入したことがある。
週1回だと、一回読むのを忘れると、
すぐに、たまってしまって、大変だった。

今は、興味のあるお寺を見つけたとき、
この「京都を歩く」の中から探し出し、
写真を見ながら、頭をめぐらすと、
比較的、すーと頭の中に入るんだ。

でも、本当は、実際のお寺めぐりが、
一番いいんだけど、京都以外に住んでいる身とあっては、
それも難しいもんで。


続・源氏物語 [07京都]

この前、08年の源氏物語に向けて、
段々と京都が熱くなるのでは、
とブログに書いた。

その後、源氏物語をテーマにした、
定期観光特別コースが設けられている、
と知った。
渉成園、廬山寺、清涼寺、野宮神社を巡るコースである。

これに、大徳寺近くの紫式部の墓、千本閻魔堂を加えると、
ざっと、関連地を回ったことになる。

個人的に興味があるのが、
渉成園と野宮神社。
渉成園の近くに、大学時代、
とても仲の良かった友達が住んでいて、
いつも外からは、眺めてはいたけど、
結局、一度も入らずじまいだった。

この渉成園は、
光源氏のモデルとされる源融の邸宅跡に造られたものだ。
いつかは、訪れたいものだ。

で、もう一つは、
女性に人気のある嵯峨野の野宮神社。
ここの宮司が大学の同級生なんですよね。
大学はキリスト教系列だったのに、
変な感じではあるけどね。

で、で、この野宮神社は、
第十帖「賢木」に登場する。
この近くを、紫式部も何度も訪れたはず、
と思って歩くと
また気分も格別じゃあないかな。




合格しました [07京都]

昨年12月に受けた、
京都検定3級の合格通知がやっと届いた。

自己採点の結果、ほぼ大丈夫と思っていたが、
予定されていた日より、
2日遅れての通知だったので、
ちょっぴり心配にもなっていた。

でも、まだ3級、次なるステップの2級、1級とある。
とりあえずに、今年12月の試験で、
まずは2級をゲットせねば、と思っている。

だけど、3級までも、僕の持つ常識でどうにかなったが、
2級からは、結構、勉強しなければならない。
まあ、それも、いと楽しだが。

そうそう、合格通知を待つ間、
ブログの「京都検定」を検索していたら、
たまたま、同じ京都検定を受けていた人を発見した。

どうやら、文面から大学・学部・学科の後輩らしい。
現役の大学生だから、
彼女は合格して当たり前だが、
当方もぜひ、合格したいとの思いを強くした。

そういう僕も、大学時代は、
京都の神社仏閣を回るサークルに入っていた。
当時もし、この検定試験があったら、
絶対、もっと勉強して、
サークル仲間と競っていたのにな。

そうは言うものの、合格カードを財布に入れて、
にやにやしている今日この頃だ。


源氏物語から1000年 [07京都]

京都人は色んなことを考えますね。

平安京遷都(794年)から1200年の1994年に、
京都駅を新しくしたと思ったら、
今度は紫式部が、源氏物語を記してから、
1000年だという。

学生の時は、徒然草や枕草子に比べて、
何だか難しくて、苦手だったな源氏物語はね。

でも、光源氏の生き方には、
とってもひかれたのを覚えている。
まるで、カサノバよろしく。

で、今回は、紫式部が
源氏物語の登場人物の「若紫」の名で、
自分が呼ばれた、と日記に綴ったのが、
1008年11月1日だそうだ。
だから、来年の11月が1000年になるのだ。

ゆかりの地を訪ねる「源氏物語ツアー」なんかも、
できるんだろうな。
原文にも挑戦したいが、ますは橋本治さんや、
瀬戸内寂聴さんの翻訳で、
源氏物語の世界にのめり込んでみようかな。

何たって、世界最古の長編小説なのだから。


平安京体験その4 [07京都]

実は、この体験をしたのは、
昨年12月上旬。
もう40、50日以上も前なので、
だんだん記憶の彼方に。

で、最終地点とした船岡山だが、
ここは朱雀大路を造る際に、
目印にした地点と聞く。

確かに、羅城門からまっすぐ北に見えるのが、
この船岡山である。
こんもりとした丘だが、
かつて京都に住んでいたときは、
全く気にも留めていなかった。

自分の無学をさらすようだが、
自転車で北に向かうとき、
この山がなかったら、
もっと楽にこぐことが出来るのにと、
思った程度である。

で、船岡山からの京都市内の眺めは、
なかなかであった。

京都駅方面への帰途は、
バスにしたが、
あれほど苦労して歩いた道のりが、
交通渋滞していたとはいえ、
すこぶる短時間だったため、
何とも言えぬ気分に。
「こんなもんだたったのか」

いずれにしても、
古の京都を想う有意義な旅であった。


学習再開 [07京都]

昨年、京都検定を受けた後、
さっぱり勉強していなかったので、
次回検定に向け、
勉強を再開することにした。

前回の結果発表は、来週だけど、
自己採点で、3級は合格したと思うけど、
2級は難しい。
今年は2級、そして来週は1級と、
三段跳び作戦で、と考えている。

とりあえずは、1日に1,2つの寺院を
学習しようかなと抱負を立てた。

で、初日は、東山の「六波羅蜜寺」と「六道珍皇寺」にした。
「六道珍皇寺」で伝説の残る小野篁に非常に興味が持てた。

毎日、頑張ろうと。


平安京体験その3 [07京都]

天下一品のこってりラーメンで、
お腹を膨らませて、再び北上。
緩やかな坂道は続くが、そこは満腹なので大丈夫。

辺りをキョロキョロしながら、
歩道を歩くと、「朱雀大路」ののぼりも、あちこちで見かける。
どうやら「千本通り」を「朱雀大路」として売り出しているらしい。

近くの名所旧跡の簡単な案内板も、のぼりと交互に掛けられている。
やはり、のんびりと歩かないと分からないものだな。

いつのまにか、丸太町通り、烏丸通りを通り越している。
よほど注意しないと、内裏や大内裏の跡は、
目に付かない。実際、そうだった。

歩き始めて、もう3時間。
前から言ってみたかった千本えんま堂に寄ってみる。
ここは、狂言でも有名。
確か、京都の三大狂言の一つだが、
壬生狂言と違って、言葉を発すると記憶する。

住職さんから、えんま様について、
色々と話を聞かせてもらう。
たぶん、今の子は「えんま帳」と言っても知らないでしょうね、と住職。

もちろん僕は、分かるけれど、
久しぶりに、その言葉を聞く。

本来は、この当たりが平安京の終点だが、
疲れついでに、この際、もう少し歩こうと、船岡山を目指すことにした。


目標5000万人 [07京都]

確か、京都検定の問題にも出たと思うが、
京都市は今、年間5000万人の観光客を目標にしている。
5000万人と一口に言っても、
ものすごい数である。

どうすれば、目標を達することが出来るか。
僕なりに考えると、
初めての人はもとより、
いかにリピーターを多くするか、
それも3回、4回、5回とである。

京都は春夏秋冬、それぞれに、
見所がいっぱいで、
例えば、雪の金閣寺、もみじの嵐山、
桜の醍醐寺など、考えただけでワクワクしてしまう。

それに、何と言っても、国際的に有名である。
外国人に、好きな日本の町を挙げてもらうと、
たぶんナンバー1であろう。

で、
今度、来日したフランスの学生が、京都に遊びに行くという。
が、これが京都のことを、けっこう知っているのだ。

同行する彼女に聞くと、
伏見稲荷とか、鈴虫寺とかに行ってみたい、と言ってるそうだ。
恐るべし、京都通の外国人。

3泊4日の日程で、
有名どころの金閣寺ら銀閣寺、三十三間堂、そして清水寺に加え、
京都御所、伏見稲荷にも行くそうだ。

彼らは、京都に何を求め、何を感じるのだろうか。
日本人と同じか、はたまた全く別のものか。
まあ、僕たちがフランス・パリに求めるものは、
たぶん、パりっ子が期待するものとは、違うと思うけど。

ところで、僕が一カ所だけ、
推薦するとしたら、曼殊院かな。
個人的に、忘れられないお寺だから。


平安京体験その2 [07京都]

昨日の続き。卸売市場から更に北へ進む。

そうそう、今、794ウグイス平安京の
朱雀大路を追体験しているのだ。

今の千本通りも、この当たりは、すこぶる狭い。
その狭い道を、ひたすら北に向かう。

途中、壬生寺に寄る。
新撰組が駐屯した、あの壬生寺である。
若い女の子が多い。
いつの世も、悲劇のヒーローが好かれるのだろうか。
壬生寺の境内には、老人ホームもあった。

壬生寺のすぐ横にあった「八木邸」。ここは良かった。
幕末の当時の邸宅が、そのまま残っている。

とりわけ、驚かされたのが、
柱に残った刀傷。ああ新撰組。

で、再び北上すると、
道が大きく開けた。二条駅の近く。
新しい立命館の建物を発見。最近の立命館の拡大政策はものすごい。
大学全入時代を前に、企業努力だろうか。
我が母校、同志社は大丈夫か。

お腹が空いたので、
学生時代、度々、通っていた、あの天下一品へ。
もちろん、ニンニク入りのコッテリ。


平安京体験その1 [07京都]

794ウグイス平安京と、今の京都は、
違う場所にあるって知ってますか。
正確には、全く違うというより、少しずれている。

今の京都の南北の中心の通りは、烏丸通りだが、
当時の壮大な中心の通りの朱雀大路は、今の千本通りになるんですね。
それが、だんだん廃れて、中心が東に移動したわけです。

で、冬のある日、
この朱雀大路を歩いてみることにした。
出発点は、羅城門だが、
今は、もちろんない。
あるのは、小さな公園内にある石碑だけ。
そこから北に向かったけれど、
東海道線で、すぐに遮断される。

それで、少し西に迂回して、西大路の方へ。線路を渡って、
また戻り、中央卸売市場に沿って北上した。
ここまでで、もう4キロ程度。かなり疲れた。

ということで、続きは次回に。


同級生 [07京都]

今度、我が母校の同志社が、
「京都を学ぶ」と題して、
5回の市民講座を行うみたい。
京都検定を受ける人には、お勧めのようだが、
そんなことより、その講師陣の中の一人に、
大学の同級生がいて、びっくり。活躍しているな。

そういえば、学生時代から「土」を掘っていたな。
いわゆる考古学を専攻していたわけだが、
いつのまにか立派になっちゃって。
まあ、自分の好きなことを続けて飯が食えるなんて。
うらやましい限り。

当方は、あくまでも趣味の範囲で、
これからも京都に関わっていきたいな。
何と言っても、794ウグイス平安京なんだから(笑)


京都手帳 [07京都]

検定試験といえば、
映画に続いて京都検定も昨年、受験した。
こちらも、まだ発表はないのだが、
京都に行った際、
京都手帳なるものを買った。

手帳の最後に、京都の有名どころの神社仏閣の紹介がしてあるのと、
日付の空欄に、その日、その日に京都である、
祭りなどの予定が書いてある。

これを見ると、いかに京都で、
毎日、いろんな行事が行われているか分かる。

ちなみに、きょう1月7日は
裏千家の「今日庵」で、新春を祝う「初釜式」
そして、祇園甲部や宮川町など花街で仕事始めに当たる「始業式」
それから、
八坂神社の「若菜祭」など。

冬の京都に行きたいな。


樋口可南子 [07京都]


昔からのお気に入りの女優さんに、
樋口可南子さんがいる。
品があって、美しくて、そして優雅で。

そう言えば、昔、
ヘアーヌードも出したことがあったっけ。
でも、いやらしくなくて、
本棚に飾ってもいい写真集だった。

で、今は、樋口可南子さんと言えば、
京都通である。
何と、京都にセカンドハウスを建てて、
月に1週間程度は住んでいるらしい。

この家屋は、数寄屋造りで、
それは素晴らしいという。

僕も、将来は、セカンドハウスを京都に持って、
お寺めぐりを出来れば、
と思ったりしているので、うらやましい限りである。

僕の理想は、東京、京都、そして広島を自由に行き来する、
老後の生活なのだだが、
果たして、いつまでも夢の感じがする。


クリスマス [07京都]

今夜はクリスマスイブイブ。
つまりイブ前夜。
京都では7月17日が、祇園祭の山鉾巡行の本番で、
16日夜が宵山、そして15日夜を宵々山という。
学生時代、僕たちもそう言っていた。
で、今日のイブイブは、家族で家でお食事。楽しみだな。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。