So-net無料ブログ作成
07風に吹かれて(9月分) ブログトップ

狂言交流会(9月30日) [07風に吹かれて(9月分)]

なかなか興味深い一日だった。
昨日、初めて狂言を楽しみ、
そして、その狂言師たちと一緒にお酒を酌み交わしたのだ。

最近の狂言師は、
衣装を脱いで、私服になるとみんなイケメン。
それに当たり前だが、話がうまい。
場の盛り上げ方も上手なこと、この上ない。

アトラクションの一つとして、
僕たちお題を出して、それを組み入れながら、
即興の狂言を作る、これが面白かった。

お題は10個くらい選出し、その中から、
師匠連中が3つ選んで、若いものが即興で演じたのだ。
その題とは「じゃがいも」「フランス」そして「木の実ナナ」。
この3つを組み合わせての狂言だが、
これが、ちゃんとしたストーリーにもなって、
なかなかの出来ばえだったのだ。

身近で、このような才能に触れたには、
本当に刺激的だった。

で、帰りにもっと刺激的なことが…。
昨日の狂言で、千三郎さんが急きょ、
休んでほかの人に変わっていたのだが、
その理由が判明した。
週刊誌に「女子大生お持ち帰り」とあった。

雑誌を読んでみると、
まあ、それぐらいのことで…と思う内容だったが、
当面は活動を自粛するのだという。
もったいないことではある。

でも、初めて狂言を見て、
そしてその翌日に、狂言師の方と、
いっぱいやり、その弟さんが、
週刊誌で有名になっていて…。
まさに、印象に残る一両日だった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

茂山狂言(9月29日) [07風に吹かれて(9月分)]

ひょんなことから、狂言に興味を持ち、
その狂言を初めて鑑賞した。
「人間国宝」の茂山千作さんの元気なお姿にも、
舞台上でお目にかかれた。

やはり、狂言ってこんなに面白かったんだ。
もっと、早くから知っておけば、
とつくづく思った。

前にも書いたけど、
狂言との出会いは、この夏だった。
千作さんの長男の千五郎さんから、
講義を受けて、少しだけれど、実際に狂言を習ったからだ。
その意味では、正真正銘のにわか狂言ファンである。

この日の演題は3本だった。
1本目は新作だけに、とっつきやすかった。
だkら、笑いやすかった。
京極夏彦さんが、書き下ろしてくれたものらしいが、
たとえば、あと50年、100年先には、
立派な古典になっている気がした。

権威あるものを笑いとばし、
庶民が楽しむ-それが、狂言の本文だと思うけれど、
その意味では「業平餅」なんかは、まさにそれ。
それに、演目に入る前の、
あいさつ兼簡単な狂言紹介の中にも、
その心意気が十二分に感じられた。

僕のマイブームの一つは、
狂言であることには違いない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

バングラディシュ(9月28日) [07風に吹かれて(9月分)]

福岡で知り合った映画サークルのメンバーが、
先週、バングラディシュに飛び立った。

バングラディシュと言えば、
世界で最も貧乏な国の一つだ。
その国で、彼らのために、
何かできることはないかと、思い立ったのだ。

実は、僕は今から7年前、わずか3日だけだけど、
バングラディシュに足を踏み入れたことがある。
飛行機から見た、その地は、
ちょうど大雨の後だったか、
あたり一面、泥沼のように見えた。

たぶん、あれからでも、
そんなに開発が進んでいるとは思えない。
そういえば、蚊だけには注意するように、
その時に言われた。

そういう悪条件の中でのNPO活動である。
内容については、詳しくは知らないけれど、
その行動力はうらやましい。
言うは易し、行うは難し、なのだから。

その友人が、日本に帰国するまで、
当分、新聞に載るバングラディシュの
記事から眼が話せそうにない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「将来」とは何年後?(9月27日) [07風に吹かれて(9月分)]

あなたにとって、将来とは何年後かが、
本日の自分に科した「お題」である。

もちろん、歳によっても、
その時の気分によっても異なると思う。

50年先のことか、いあや30年か。
そんな先ではない。3年か、3カ月か、3日先か。
まあ、僕の場合は、
3カ月先がちょうどいい。

なぜなら、何かやろうと思った場合、
これくらいの期間があれば、たいていのことには挑戦できる。
しかも、余り長くなりすぎると、
目標設定が難しくなる。

もう少し若ければ、違った答えになるだろうが、
まあ、それは仕方ない。

3カ月先と言うことは、
ほぼ年内に、というのと同じ意味だ。
100日足らずでもある。

色々、挑戦したいことはあるが、
もっともっと長期的な視野での目標に備えて、
とりあえず「京都」を究めたいと思う。
少し前からも、ずっと思っていたけど、
まだ緒に就いていない。
さあ、頑張るぞ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

多忙は怠惰の隠れみのだ(9月26日) [07風に吹かれて(9月分)]

納得する言葉に出合った。
「多忙は怠惰の隠れみのだ」

僕は、根本的に忙しい、忙しいという人を信頼しない。
そう言うことで、自己満足しているか、
他人に自分を認めてほしいと、暗に訴えているかだけと思うからだ。

もちろん忙しいことはあろう。
だけど、忙しくてもう何にもできない、
とういほど多忙なことはない。
人間の持っている時間は有限だから、
逆に、自然と取捨選択しているのだ。

だから、忙しいと連呼しているのは、
時間の使い方がうまくないと思うからだ。

人間って、意外と何にもやっていない時間が多い。
もちろん、その時間が全部なくなると、
精神的にも疲れるけれど、
そんなことは現実的には考えられない。

隠れみのを作るのは、楽である。
でも、それでは人間的な進歩はない。

今回の安倍さんの顛末をみて、特にそう思った。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

顔ちぇき!(9月25日) [07風に吹かれて(9月分)]

遅まきながら「顔ちぇき」をやってみた。
でも、長女はずいぶん前から、
何度もやっていて、今さらという顔をされた。

それにしても、よく考えたものだ。
顔認証の技術を使った遊び心とでも言おうか。
4月に開設以降、既に660万人も利用したそうだ。

「似ている度合い」を高い順番に、
3人ずつ選んで、通常なら数十秒で返信されるというから、
本当にすごい。

当然、みなに周知されると、
それだけ広告も増えるわけだから、
新たなビジネスモデルが生まれることにもなる。

で、僕の話だが、
一番はクリームシチューの片割れ、
二番目が男性グループの元メンバー、
そして三番目が、けっこうイケメンの俳優だった。

客観的に見たら、似ていないと思ったりするけれど、
たぶん顔のあるパーツは似ているのだろう。

で、娘はこれまでに4回したらしいが、
1回目は内山理名だったそうだ。

当分、このおもちゃで遊べそうだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

福田さんに決まり(9月24日) [07風に吹かれて(9月分)]

自民党に新しい総裁に、福田さんが決まった。
色んな見方はあるだろうが、
僕自身の感想を一言二言。

福田さんの面白いというか、
人間性がある程度分かるエピソードを紹介しよう。

一つは、散髪事件と呼んでいる。
福田さんが森内閣の官房長官だった時、
散髪の途中で官邸に駆け付けた。

その少し前に、森首相が「なだしお」と呼ばれる船が、
米の潜水艦とぶつかった時、
その報告を受けたのに、ゴルフを続けたため、
避難を浴びた。

それを気にしたためか、芸予地震があった時、
散髪の途中だったけれど、
そんまま、散髪の途中でかけつけたのだ。
散髪を続けたとしても、数分しか変わらないと思うが、
何となく、福田さんの性格が分かる感じがするエピソードだ。

もう一つ。福田さんは発泡酒という存在を知らなかった。
「そんなもんがあるの」と言った言葉が忘れられない。
もっと、庶民のことを知らなければ、ダメですよ。

まあ、明日の組閣を始め、これからお手並み拝見。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小学最後の運動会(9月23日) [07風に吹かれて(9月分)]

下の子の運動会があった。
お姉ちゃんは、もう中学校で、
下の子も小学校6年なので、
家族で、運動会を見に行くのは、
これが最後かも知れない。
まあ、そういいながら、
まだまだ行っているかも知れないけれど…。

前日の夜、雨が降ったので、
思ったよりは暑くなかった。
運動会の練習で、近くの学校の児童が、
救急車で運ばれたりもしていた。

昨年までは、障害物競走だったけど、
今年は普通の徒競走になっていた。
運良く1位になったので、
さぞ喜んでいるだろう。
この時点では、まだ本人と話をしていないが…。

そういえば、自分が小さいときも、
徒競走を走る前は、けっこうドキドキしていたものだ。
特に、午後から、その競技がある時は、
お弁当を十分に味わえなかったものだ。
たぶん、本人も同じような感じだろう。

少し前は、順位を付けるのはおかしい、
とかで、ただ走るだけに、していたこともあったという。
まさに本末転倒である。

そうそう、今も昔も校長のあいさつは、
下手な上に長い。
注意する人はいないのかしら。
プレゼン能力が全くないと、言わざるを得ない。

なんやかんやと、色んなことを考えた運動会だった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あるお年寄り(9月22日) [07風に吹かれて(9月分)]

ボクは、よく喫茶店に行く。
今年に入ってからも、144回も行っている。
もちろん、日記のお陰で、この数字も正確なのである。
今年に入って、265日なので、
その割合は5割を上回っている。
でも、ほとんどは昔ながらの茶店ではなく、
最近はやりの、セルフサービスの形式である。

いや、今回は、そのことが主題ではない。
そのよく行く喫茶店で、
よく見かける年配の人のことである。
たぶん60代後半で、定年となって少しばかり、
経過した人と推測する。

その年配の人が、よく勉強しているのである。
単語帳のようなもので、
暗記をしているのだ。
たぶん生涯学習の一貫であろう。

尊敬する反面、もっと人とつきあう形で、
勉強したらいいのにと思う。
そこが女性陣と根本的に違うことだろう。
女性なら、友人たちとべちゃくちゃしゃべりながら、
学んでいるだろう。

ここからは全くの想像である。
その年配の人は、とても勉強熱心で、
まじめな人で、老後も目標を持って行きようとしているのだろう。
たぶん間違いない。
だが、もっと気楽な気分で取り組んだ方がいいように感じる。
その方が長続きするし、楽しいと思うのだけれど…。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新聞で見つけた(9月21日) [07風に吹かれて(9月分)]

正確に言うと、新聞ではなく、
新聞社のHPで発見した。
京都新聞である。

夏休み、大学のスクーリングで、
京都に出かけ、狂言の学習をしたときの写真が掲載されていたのだ。
茂山狂言の茂山千五郎さんが、
手に取り足を取って、狂言の「いろは」を教えてくださったのだ。

スクーリングで知り合った京都の方から、
京都新聞に出ていた、と聞いたので、
ためしにと思って、
検索してみたら、キャッシュに残っていた。

その茂山さんの公演が、
ここ広島でも今月29日にある。
そして、その翌日にはお食事会。
その時のHPを印刷したものを持っていこうかな。

ついでに、提出したレポートの出来栄えも聞いてみよう、と思う。

ついでに、狂言といえば、お能。
その能も、今度、宮島に見に行くことにした。
そちらの方も楽しみだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あと80日しか(9月20日) [07風に吹かれて(9月分)]

昔から、ギリギリなならないと、
なかなか勉強を始めなかった。
この習慣はずっと治らないものだ。
本当は「もっと早くから」と思っているのだが…。

つい2年前と昨年は、色んな検定を受けあさった。
で、一応は合格したので、
今年はもう少し、何度の高い級に挑戦しようと思ったが、
こちらの方は、やはりちゃんと学習をしないと、
合格がおぼつかない。
それでも、なかなか緒に就くことができないのだ。

今年は、京都検定とターゲットをしぼったものの、
日にちが過ぎるばかりで、ついにあと80日となった。
そろそろ、本当に本格的に勉強しなければ、
と思うけれど、時間が思い通り取れないのも事実だ。

単に暗記だけではつまらないと、
周辺の学習、たとえば原点本とか、
詳しい解説書には手を出すけれど、
やはり基本の部分がしっかりしていないので、
頭に入りにくい。

来月は、京都に集中講義を受けに行く。
その前に、一通りの学習はしておこうと思うのだが…。
まずは、本日から。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

パソコンの落とし穴(9月19日) [07風に吹かれて(9月分)]

もう生活に切っても切ることのできないもの。
それは携帯電話に、パソコンであろう。
でも、たぶん10年前には、
ボクは両方とも持っていなかった、
いや持ち始めたばかりだった。

その意味では、技術の進歩は、
本当に日進月歩ですね。

で、直近にパソコンで、2つの失敗、
もしくは失敗になりかけたことがある。

その一つは、メールを送ったと思っていたので、
相手先に届いていなかった。
自宅のパソコンから送る場合は問題ないけど、
例えば、ネットカフェなどから自分のアドレスを開いて、
そこから送った場合、どうやらうまく行っていなかった。
その原因は、今のところ分からない。
きっちりと、しておこう。

もう一つは、ある書類をパソコンで作り上げて、
これでOKと思った瞬間に、全部削除してしまったのだ。
そのショックたるや筆舌に尽くしがたいものだ。

うまく復活するケースもあるが、
今回はそれも、うまくいかなかった。
困ったことだ。

やはり、機械は便利とはいえ、
使うもので、使われるものではない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

おーい 星ふるまち(9月18日) [07風に吹かれて(9月分)]

以下は、古里・下松の広報誌に掲載予定のものです。

隣県に住んでいるのに日頃は、
古里をあまり意識しない。
だけど、ふとした時に、記憶は蘇る。
僕の場合、昨年夏に訪れた夕張の地が、
まさに、そのきっかけだった。

若い人はご存じないかも知れないが、
かつて下松も今の夕張と同じように財政再建団体だった。
ちょうど僕の中・高校時代と重なる。
多感な時期でもあり、
「自分たちの町は、これから大丈夫なのか」-。
そんな言い知れぬ不安を感じていた。

あれから四半世紀。今は違う。
次々に出来る大型ストア。
駅前には高層マンションの誕生した。
近隣の自治体と比べても、引けを取らない。
いや、むしろ「元気」そのものだ。

で、僕自身のことだが、
高校を卒業して以来、
進学・就職・そして結婚と生活を重ねる中、
京都・東京・広島など8度も居を移した。
県外での生活が時間的には、長くなったが、
古里との心の「距離」は、逆に近づいたように思う。

「ふるさとは遠きにありて思うもの」-。
かの室生犀星の言葉だ。
「ふるさと納税」の論議もかまびすしいが、
僕にとっての下松は、まさに心の古里である。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カープBクラス決定(9月17日) [07風に吹かれて(9月分)]

いつもは、カープのカテゴリーに納めるものだが、
この日ばかりは、ここに書かねばならない。
残り試合を16も残しながら、
もうBクラスが決定したからだ。

今シーズンは、クライマックスシリーズに出るのが、
カープの最大の目標だった。
つまり3位以内、Aクラスに入ることだったのにだ。

実は、巨人戦が0-9で負けたとき、
Bクラスが決まったことは知らなかった。
分かっていたのは、初の2試合連続零封負け、
24イニングス連続無得点。
そして、借金が最多の22になったことだ。

その数字もすごいけれど、
カープの元気のなさが目立つのが、とっても気になる。

しかもBクラスが、これで10年連続らしい。
ということは、ほとんどの選手は、
Aクラスの経験がないことになる。
負けクセがついていることになる。

では、残りの16試合をどう戦うか。
ファンは、何を見に行くか。(地元戦は7試合)
今のところその答えは、まだ出ていない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

筋肉痛だ(9月16日) [07風に吹かれて(9月分)]

先日、約2ヶ月ぶりにバドミントンをした。
バドミントンは、風が強敵なので、
体育館も一切、冷房が入っていない。
だから、めちゃくちゃ暑い。
30分間もすれば、汗だくになってしまう。

でも、済んだ後のビールがうまくて、
そのためにバドミントンをやっているのだ。

で、今回は久しぶりだったので、
その日の晩から、もう体の節々が痛い。
特に、腕や背中がだ。

でも、その日うちに痛くなたから、
まだ若いじゃんと言っていたら、
翌日はもっともっと痛くなった。
歩くときも、しんどいのだ。

これまで、月1回だった練習を、
月2回にしたらと思っている。
スポーツジムでジョギングしたりするよりも、
楽しみがあるだけに、
いい汗を流せるし、爽快感もあるのだ。

ところで、ジムの方も、最近はご無沙汰。
こちらの方も頑張ろうっと。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

不審者情報(9月15日) [07風に吹かれて(9月分)]

本日、子どもが通っている学校で、
不審者と思われる人物を発見したと、
携帯にメールが届いた。

とりあえずは、学校に子どもたちを待機させ、
集団下校させたそうだ。

このような情報が、逐一、
保護者の携帯にメール配信されるのは、
これは便利なものだ。
そして安心もできる。

そういえば、学校の修学旅行の時も、
今、ホテルに着いたとか、
みな床に就いたとか、
メールで配信されてきた。
世の中、便利になったものだ。
まさに、文明の利器だ。

ところで、ある警察が発進したメール。
何かの犯罪で、犯人の特徴を、
メールの分の中で、
次のように説明していたという。
「髪型が和田アキ子にそっくり」と。
確かに非常にわかりやすいが、少々、
脱線気味の内容でもある。

文明の利器は、便利だけに、
注意して使うべき、と思った。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

一寸先は闇(9月14日) [07風に吹かれて(9月分)]

政界は一寸先は闇と言われるけれど、
ここ数日の動きは、本当にその通りだと思う。

というのも、まずは安倍首相の急すぎる辞意表明。
これで、麻生幹事長が後任としては、
がぜん有利と思っていたら、
実際、どこの報道でも、そのように言っていたが、
福田元官房長官が手を挙げたところ、
いつのまにか自民党の各派閥が、
みんな「福田さんがいい」と支持を決めてしまった。

一体、どうなっているのか。
やはり、強い者にはまかれろということか。
政策が一致とか、色んな理由は確かにつけているが、
そんな簡単なものではないらしい。

それにしても、政治家は本当に政局が好きだ。
いや、国民そのものも、政策よりは政局が好きなのだ。
だって、どんな人でも、人事は好きだし、
人のうわさ話も好きなのである。

で、これで福田氏に決まりか。
たぶん、そうなるだろうが、
それでは、面白くない。
もう一波乱あってほしい。
一寸先が闇の方が面白い。
自分のことでなければね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

権力闘争(9月13日) [07風に吹かれて(9月分)]

政治家というものは、選挙とかになると
俄然、元気になる生き物だ。
今回も、総裁選ということで、
何やかんや言って、
まさに元気そのものになってきた。

本音では、政治家になった限りでは、
一度は総理を目指したいと思うのが本音だろう。
もちろん、簡単には口に出せないことではあるが…。

で、今回は福田元官房長官が出る雰囲気になって、
本当に面白くなってきた。
そうでなければ、麻生幹事長で決まりだったからだ。

よく、それぞれ政策を戦わせて、
総裁を選ぶべきだ、と言われるが、
それはそうであろう。

だけど、本音はやはり権力闘争。
食うか食われるかである。
もちろん票読みは日々、盛んになるだろうし、
切り崩しも盛んになるだろう。

僕ら国民は、まあ楽しんでみればいいのではないか。
楽しむためには、多少なりとも、
学習をしなければならないし、
そのことで、彼らの考えも次第に浮き彫りになるからだ。
そして、来る衆院選で、僕らは貴重な一票を投じればいいのだ、
当分の間、目を離せないのは確かである。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

安倍さん辞めた(9月12日) [07風に吹かれて(9月分)]

こんな簡単な言葉でいうべきことではないが、
実際、今回の辞任は、こうとしか言いようがない。

これまで、本来ならやめるべき時は、
何度もあったが、
その際には、継続を口にしていた。
だけど、今度は本当に唐突な辞意。

何せ、内閣改造は済ませたばかりだし、
所信表明も行ったばかりである。

その意味では、無責任としかいいようがない。
こんな人が、1年以上も首相の座にいたこと事態が、
空恐ろしい感じさえする。

どうやら、健康問題が引き金との説もあるが、
そうであったとしても、明らかに辞める時期としては、
判断ミスと言わざるを得ない。

やはり、雰囲気で何となく、
その能力もなかった安倍さんが、
総理になったこと自体が問題で、
そうせざるを得なかった自民党にも問題がある。

いや、もう暗いと言おうか、
おかしいと言おうか、
飛んだ世の中になったものだ。

PS このブログの記事がちょうど777本目だった。
安倍さんが辞めることは、
良い方向に進むラッキーなこと、ということか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

まだまだ未熟(9月11日) [07風に吹かれて(9月分)]

論理的に話すのは、なかなか難しい。
ついつい、感情的になってしまう。
理路整然と話す方が、まずはかっこいいし、
僕の生き方にもあっている。
だが、相手が、そのように(論理的に)出てこないと、
ついつい、感情が抑えきれなくなってしまうのだ。

なぜ、僕を含めて日本人は、
こんなに苦手なのだろうか。論理的な思考が。

日本語の文脈にもよると思う。
結果は、末尾に出るのである。
映画なら、最初の段階で、
YESかNOかが、はっきりする。

文だけの問題ではなく、
全体のトーンとしても、まず、その考えに対して、
YESかNOをはっきりさせた上で、
論理を展開する。

それに比べて、まず全体の流れとしても、
あーだ。こーだ。と言って、
一体、お前は賛成なのか、反対なのか、
要旨がわからないまま、話は進む。

それに加えて、一文でも、
最後のところで、でないと思う、
のように要旨を180度変えることもある。

そう言う僕だが、
実は、この文章を書いている最中も、
少し前、論理優先よりも、
感情的になって、まだまだ興奮状況の中で、
打っているので、いつも以上に、
論理性を欠く文章になっているのは、
紛れもない事実である。

そういう意味では、まだまだ未熟な僕なのであった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

歓び・その1(9月10日) [07風に吹かれて(9月分)]

昨日、歓びノートのことを書いたが、
まずは、その第一作。
あまり大上段にかざすと、続けることが難しくなるので、
ある意味、在り来たりのことを一つ。

出社のため、電車を降りて、横断歩道を渡ろうとした時、
前の方から、どこかで見たことのある人を発見した。

たぶん、その人の顔を見るのは、
18年ぶりくらいだが、僕には「ある確信」があった。
●●君に違いないと。

顔つきもかなり変わっていた。
それ以上に、あれほどスマートだった体が、
完全に中年太りになっていた。
そして、頭には白いモノがちらほらどころか、かなり。

でも、●●君とは、すぐに分かった。
この前に会ったのは、
1989年の秋。それはよく覚えている。
当時、山口にいて、高校時代の友人たちが4,5人が集まった。
その時の1人である。

以来、まったくの交流はなかったが、分かったのである。
考えてみれば不思議である。
中、高校の6年間ほど同級生だった。
同じクラスになったのは、たぶん2回。
なぜか、昔のことはよく覚えている。

声をかけようと思ったが、
信号が変わったのでできなかった。
そういえば、その信号機がある場所は、
彼が勤めている会社の本社の近く。
だから、間違いない。

最後にあったのが、たぶん20代最後のころ。
そして今。電車を降りて、会社に着くまでの10分間が、
とりあえず昔を思う至福の時であった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

歓びノート(9月9日) [07風に吹かれて(9月分)]

最近、ある本で見つけたのだが、
40歳後半から50歳前半にかけて、
無気力というか、こころが萎えたときがあったという。

そういう僕も、その歳に、
そろそろ、差し掛かってきた。
今のところ、色んな意味で萎えることはないのだが、
そうは言っても、この文章を見たとき、
ついつい気になった。

この人が、それを打破するためにしたことがある、という。
それは、どんな些細なことでも、何でもいいから、
その日、良かったなと思ったことを、
手帳に記入したそうだ。

何でも良いかわりに、
必ず、一つは必ず記入すること。
これが、最初のうちは、
大変だったそうだ。

例えば、ネクタイが1回できちんと結ぶことが出来た、とか、
道ばたで、花をみつけたとかである。

だが、段々慣れてくると、
一つだけに絞ることが逆に難しくなったらしい。
そして、そのころには萎える心も収まったらしい。

この方法は、どこでも、いつでも出来る。
大いに参考になるし、自分もやってみようかな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

下松市報「潮騒」(9月8日) [07風に吹かれて(9月分)]

どこの町にも、その町の広報誌がある。
下松の場合は、「潮騒」というらしい。

というのも、僕が小さいころは、
こんなものはなかった。

で、その「潮騒」の中に、
「おーい。星ふるまち」というコーナーがあって、
ふるさとをでた人が、書くところがある。

で、で、突然、知り合いから、
このコーナーに書いてくれと連絡があった。
わずか400字なので、
書くことは、全然問題ないが、
果たして、何を書こうと思ったが、
まあ、この依頼を受けることにした。

そういえば、わが町・下松のことは、
知っているようで、ほとんど知らないな。

最近、ふるさと納税があるので、
時々、下松のことを考えたりするのだ。

ふるさとは遠きにありて思うもの。
確かに、その通りだし、
今の僕の原点は、やはりふるさとにあるわけだから。

少し、田舎のことを考えてみようと思った。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

偶然の一致(9月7日) [07風に吹かれて(9月分)]

何も大げさなことではない。
意外と物事が一致することが多い、との話だ。

昼、たまに行くカレー店で、500円のカレーを食べた。
たぶん、今年に入っても5,6回くらいだと思う。

で、午後9時すぎに自宅に帰って、
出された夕食もカレー。

実は、昼食と夕食が同じ献立のことはたまにある。
もちろん偶然の一致だろうが、
それを避けようと思っても、
なかなか避けれない。いや、足掻けばあがくほど、一致してしまう。

閑話休題。

人生とは、偶然の一致の積み重ねである。
偶然なんてものはない。
自分の努力でどうにでもなる、という人もいるかもしれないが、
物事、いや人生は、そんな単純なものではない。
いや、ある意味では単純なのかも知れない。

それでも、できれば昼と夜は、
別の料理の方がいいな。
そういう意味では、物事は単純である。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

動画に初挑戦(9月6日) [07風に吹かれて(9月分)]

動画に初挑戦だよ。
とのメールを、携帯から動画配信したけれど、
これが、なかなかうまく行かない。
動画がブログに入っていないのだ。

さて、どうするべきか。
分からない。
でも、今年初めにブログを始めるときは、
全然、書き方さえ分からなかったし、
その後、携帯から送る方法も、段々、分かってきたし、
まあ、どうにかなるだろう。

うまくいけば、やはり静止画ではないので、
情報量はぐんと増えるはず。
その意味では楽しみだし、
当分の間は病みつきになりそうだ。

でも、現時点では、わかんない。
やり方が。
たぶん、動画をアップするには、
動画になっているものを、自分のブログに持っていくのと、
自分が撮った動画をアップする両方があると思うが、
後者がうまく行かないんで、
次は前者の方に挑戦してみるべ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

SNS活用法(9月5日) [07風に吹かれて(9月分)]

仲間内で楽しむネット上の日記であるSNS。
まあ、一番有名なのは、ミクシィだろうけど、
使い方によっては色々と有効らしい。

広島のある企業では、
内定者の間で、このSNSを作らせ、
互いに情報交換したしたり、悩みを打ち明けたりしたそうだ。
すると、内定者の辞退者がかなり減ったそうである。

で、今回は中途の退学者をなくそう、
と仏教大で来春から学習支援プログラムの一環として導入するらしい。

新入生40、50人と教員、そして上級生3人による
グループを作って、悩みを相談し合うそうだ。

だが、ちょっと待てよ。
いくらIT社会といっても、
学校が果たしてここまで面倒を見る必要があるのだろうか。
悩みがあれば、直接会って相談すればいい。

そう思うけれども、一方で、
たぶん利用者にとっては便利なんだろうな。
でも、あくまでも遊び感覚だからいいもので、
実際、ボクもそういう使い方をしている。

逆にシビアな悩みを解決することができるかどうかは、
実用的な部分では、疑問もある。

まあ、やってみて、ダメなら止めればいい。
そこがSNSのいいところかもしれないし…。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

名前あれこれ(9月4日) [07風に吹かれて(9月分)]

子どもの名前に変わった、珍しいものをつける傾向は、
かなり前からあった。
だから、今は「子」が付く女の子なんか、
ほとんどいないらしい。

で、今回は名前ではなく、名字の方である。
しかも芸能界のだ。

ところで、次の名前は読めますか?
全部出来ればたいしたもの。
ほとんど出来なければ、かなり遅れている。

①本仮屋ユイカ
②貫地谷しほり
③相武紗季
④蓮佛美沙子

どうですか。これらは、全部、本名だそうだ。
少し前なら、出来るだけ覚えやすい、
簡単な名前にする傾向にあったが、
今は、そのまま使うらしい。
覚えにくいから、逆に印象に残るとも考えられるのだ。

そういえば、蒲池法子は松田聖子に替えた。
今の時代なら、たぶん蒲池法子のままだったかも知れない。

少し大げさに言えば、モノに対する価値観の変化とでも言おうか。
大上段に振りかぶるのではなく、
こんなちょっとしたことから、
モノごとを捉えてみるのも意外と面白いものだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

年男&誕生日(9月3日) [07風に吹かれて(9月分)]

区切りのいい日である。
一つは誕生日。当然365日に一回しか廻ってこない。
年男は12年に一回。
だから365×12=4380.
すなわち、こんな記念すべき日は4380日に一回しか廻ってこない。

次はもちろん12年後、そして24年後、
それから36年後。そこまでは、達成したいと思うのだが…。

2041年10月22日、それから2042年3月20日、
それから2043年9月3日、この三つが目標の日にちだ。

最初は、生後30000日、次が金婚式、
そして最後が、年男&誕生日。

数字の遊びはここまでにして、
本日、心に誓ったこと。
やはり、日々の充実しかない。
前にも書いたが、朝起きて、
きょうすべきことを考えて、実行に移すこと。
そして、寝る前に、きょうはどうであったかを、
反省を含めて振り返ること。

当たり前のことだが、日々、これを続けるのはなかなか難しい。
今度からは、日々の出来栄えを点数化してみようかな。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マラソン(9月2日) [07風に吹かれて(9月分)]

僕は、マラソンをTVで見るのが好きだ。
本当は、自分もと思ったりするが、
スポーツジムで、10キロをゆっくり走るのが関の山だ。

なぜ、2時間以上もある、
単調なレースがこんなに面白いのか。
見ることは時間の無駄だ、という人もいるが、
見ていると本当に、すぐに時間が経ってしまう。

おおげさに言えば、
マラソンを見ると、走者の人生の縮図が感じられる。
そこに、自分の人生を重ね合わす人もいるかもしれない。

で、今朝行われた世界陸上の女子マラソン。
今回の世界陸上では、日本勢は不振で、
これまで一個のメダルも手に入れていなかった。

今日の土佐選手の銅メダルが、
初めてのメダルで、
同時に来年の北京オリンピックの切符も手に入れた。

一度は、メダル圏外から落っこちたが、
後半の驚異的なメダルで、次々に抜いたのだ。

オリンピック内定の条件は、
日本人トップで、メダルを取ることだった。
土佐選手には「おめでとう」と言いたい。

来年の北京オリンピックも、
猛暑の中での大会が予想される。
タイムよりは精神力の勝負にもなる。

まずは自分のため、家族のため、
そして日本のために、ぜひ頑張ってもらいたい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

パソコンと原稿用紙(9月1日) [07風に吹かれて(9月分)]

大学時代までは、パソコン、ワープロなんてものはなかった。
手書きがすべてだった。
英文だけはタイプがあったが、
日本語入力のものはなかった。

それが、いつのまにかパソコンが当たり前になった。
それとともに、思考方法も少しずつ変わってきた。
とりあえず、パソコンで思ったこと、考え付いたことを打って、
順番を並べ替えたり、消去したりするのだ。

最近、原稿用紙を少し使ってみた。
何だか、新鮮な気分。
思考回路も元に戻ったというか、
言葉を紡ぎだす作業という感じなのだ。

人が他人に、自分の思いを知らせる場合、
言葉でするか、文字に託すか、
はたまたボディランゲージの方法をとって見るか…。

話は戻るが、
原稿用紙の場合、ある意味、流れが重要になる。
ペンを滑らす感覚とでも言おうか。
その反面、じっくり考えるともいえる。
とりあえず感がないのだ。

それ以上に異なるのが、
漢字変換がないので、
字を書くとき、こんなに漢字を忘れたのかと、
再認識することだ。

当分の間、気分転換を含めて、
原稿用紙を使ってみようかと思う。

字を綺麗に書く練習にもなるしね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
07風に吹かれて(9月分) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。