So-net無料ブログ作成
07生涯学習 ブログトップ
前の30件 | -

香山リカ氏(市民文化大学10) [07生涯学習]

今年、初めて参加した広島市の市民文化大学の最終回だ。
2月に始まって、今回が10回目。
トリを取ったのは、精神科医の香山リカさんだ。

ある意味、僕は、香山さんを楽しみにしていた。
香山さんの専門とは違うけれど、
彼女が、僕の尊敬するジャイアント馬場の大ファンだからだ。

それは、ともかく、
本日の題目は「生きる力をつける処方箋」。
どうして精神科医になったのか-から始まって、
診療のこととか色々と、参考になる話が聞くことが出来た。

で、処方箋だが、
一つは、「自尊感情」と呼ばれるらしいが、
けっこう自分は、頑張っているんだと思うこと。
自分自身で満足することが大切という。

二つ目として、答えはすぐに求めるのではなく、
少し長い目で、物事を見ること。

そして、自分にあまり厳しすぎないこと、だそうだ。

これは、まあ一応、ちゃんとしている人の処方箋。
一方で、今は自分さえよければいい、
そういう人が増えているのも事実。
彼らは、まじめな人をうつにさせる恐れもあるし、
本人たちも、何かの調子で、うつになる危険性も高いという。

市民文化大学は、今年初参加だったけれど、
10人の講師の言葉は、それぞれ胸に染み入るものがあった。
今一度、持ち帰った冊子で、講演の中味を思い出しながら、
学習の糧にしよう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

桂あやめ氏(市民文化大学9) [07生涯学習]

市民文化大学も残すところ、
この桂さんを入れて、あと2回になった。
全部で10回なので、今回が9回目ということになる。

ところで、市民文化大学の楽しみの一つに、
講演の前の10分程度を使ってリラックス・タイムがある。
地元の人々が、自分たちの得意分野を披露するのだが、
今回は広島経済大学のダンスチームが、
よさこい踊りを演じてくれた。
今年のフラワーフェスティバルで、
金賞を取ったそうだ。
単純に、若さっていいなと思った次第だ。

で、本題の桂あやめさん。
本人も述べていたが、女性の落語家は、
今でも珍しい。関西の数ある落語家の中でも、
わずか5人だそうだ。

でも、まったく女性を禁じている、
歌舞伎などと比べると、まだチャンスをあるという。

今回は、講演だったので、
あやめさんの落語は聞けなかったけれど、
ぜひ一度は聞いてみたいものだ。

そうそう。
あやめさんといえば、
かなり前に、強盗に入られたので有名になった。
僕自身忘れていたが、本人の弁で思い出した。

話そのものは、そう上手とは思わなかったが、
その人間性は十二分に感じられた。
そして「笑いでコミュニケーション」の演題で述べられた、
笑いは大切、どうせなら笑ったほうが、
そのプラス思考はやはり大切だろう。
マイナスに考えるよりは、何事もプラスに考えたいものだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オフ会について [07生涯学習]

オフ会(10月14日)
かなり前、そう10年くらい前か。
当時、「オフ会」という言葉を初めて知ったとき、
すごく違和感を覚えた。

というのも、実際に会う方が「オフ」。
で、その反対が「オン」なのだ。
普通に考えれば、会う方が「オン」だと思うのだが…。

だが、今は、疑問を感じる人はいない。
もし知らなかったら、単に常識がない人になってしまう。
その意味では、この10年のITというか、
パソコンというか、この分野の発展はめざましいものがある。

で、来月3日、広島ブログに登録している人たちが、
集まって初めての「オフ会」をするらしい。
「一体どんな人たちが…」
興味は尽きないので、参加してみようかなと思う。

みんなは、ブログに関しては、
とっても先輩で、純粋に勉強にはなるだろうが、
なぜ、ブログで発進するのか、
その意図は、その意味は、
その当たりに非常に興味があるのだ。

ブログというものがあ、
世に出てから、たぶん5年くらいか。
日記文学は、もともと日本固有のものなので、
ブログが盛んになる要素はあったと思うが、
こんなに皆がするとは、正直思わなかった。

僕の場合、単にストレス発散なのだが…。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大谷徹奘氏(市民文化大学8) [07生涯学習]

お坊さんの話はためになるし、面白い。
最近、そう思うようになった。
今回、薬師寺執事の大谷さんの講話を聞いて、
その思いをより強くした。

印象に残った、お言葉は数多い。
きっちりメモは取ったが、
それはそれとして、一日経過しても、
頭と心の中に残っているものを紹介する。

まずは、「よっぽどの縁」を大切にしようということだ。
この概念は、いみじくもボクが常日頃、感じているものである。

例えば、地球上に67億人の人が住んで、
そのうち日本人が1億3000万人いるとして、
その中で、知り合うのは「よっぽどの」縁というか偶然である。
そのことを大切にしようと言うわけだ。

例えば、こう思う。
人は一生のうちに、何人くらいと知り合うことが出来るのか。
もう少し具体的に言えば、何人くらいと食事をするのか。
うち少人数で、と条件をつけると、その人数はさらに減るだろう。
だから、人との出会いを、よっぽどのことと考えようというわけだ。

このほかにも、ありがたいお言葉は、
たーくさんあったけど、肝心なのは人との出会いを「会えてよかった」
と思い、さらに「ありがとう」と感謝の心で接することだ。
言うのは簡単だが、これがなかなか難しい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

浜美枝氏(市民文化大学7) [07生涯学習]

この人のことは、実はあまり、いやほとんど知らなかった。
知っていることと言えば、
「007は2度死ぬ」のボンドガールになったこと、
そしてワイドショーの司会などをしていたことだ。

御歳63歳らしいが、見かけは本当にお若い。
そして、講演ぶりが板についているというか、
笑いとかを考えずに、真剣に、かつ論理的に話す。

人を見かけで判断するなというが、
まさにその通りだ。

彼女は40歳になったとき、もう演じることを止めたという。
そして、農・食に興味を持ち、全国を回るようになったという。
知らなかったな、本当に。

印象に残った2つのことを記す。
一つは、彼女が民芸運動に情熱を燃やした
柳宗悦氏に興味を持ち、今の自分を形成したということ。

柳氏は「その土地には、その土地の文化がある」と言った。
また、僕自身のことで言えば、
僕の好きな五木寛之氏がよく、柳氏のこの言葉を引用する。
「見て知りそ」。すなわち、知ってから見るのではなく、
まずは自分の目でまずみてから、色々と考えてみよ、ということ。

その柳氏が心の「恩師」とも言う浜さんに、
親近感を持ったのだ。

もう一つ。食に興味を持ったが、
食だけでなく、社会参加の「職」、
そして「飾」の「ショク」も大切にしたいと。
もちろん何かの受け売りかもしれないが、
この3つの「ショク」には、
共感する部分が多かった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

続・韓国語教室 [07生涯学習]

新しい語学を学ぶのは楽しい。
しかも、英語とかと違い、
スペル(ハングル)も言葉も全く予備知識がないだけに、
まさに新鮮なのである。

実は、この教室は韓国人の大学の先生が、
全くのボランティアで行っているのだ。

昨年、この大学で一般公開講座があって、
その中の一つが韓国映画からみた国際関係だった。
その延長線で、今年には、
3回連続の語学講座があった。
そして、先生の方から、
もう少しじっくりと、
長期的な学習会が出来ないかという提案があって、
今回の教室となった次第だ。

今、現在、参加者は30人前後。老若男女さまざまで、
次回は茶話会も予定されている。

色んな人とのつながりをはかる上でも、
有効と考えるが、
基本は語学である。
当然、家庭学習が大切になる。
落ちこぼれないように、
しっかりと学ばねばと思っている。

初回は欠席したので、本日が2回目だったが、
10種類の母音を学んだ。
この10種類程度は、覚えなくてはね。

お風呂とか、トイレとかで、
声を出しながらね。
継続は力なりですから。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

坂上二郎氏(市民文化大学6) [07生涯学習]

僕ら世代にとっては、何と言っても「コント55号」である。
欽ちゃんと二郎さんである。
その二郎さんの講演である。

二郎さんは、4年前に脳梗塞に倒れた。
たまたま、ゴルフで一緒に、
回っていたのが医師だったこともあり、
運良く助かったのだ。

二郎さんと言えば、歌である。
小さい頃から、学校でもよく歌っていて、
理解ある校長先生の出会いが、
今につながったという。

上京後も最初は芽が出なかったが、
一度、故郷の鹿児島に帰り、
再び上京してからは、芽が出たのである。
その自慢の歌も、今回は聴かせてもらった。

まだまだ、体調は万全ではないが、
聴衆に対するファンサービスは、
さすがである。
例の「飛びます。飛びます」の秘話も
教えてもらった。

本当に「飛ぶ」ことは出来なかったが、
それでも当時のテレビを思い出し、
十分に満足させてもらった。

たぶん二郎さんは、
自分が脳梗塞から立ち直った姿を見せることで、
同じ境遇の人を励まそうとしたのではなかろうか。
その意味では、十分に意義のある講演だったと思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

辺真一氏(市民文化大学5)   [07生涯学習]

広島市民文化大学も、
今回で5回目。ということは、全10回の半分になる。
それにしても、毎回、毎回、ホールは満員。
日本人、しかも団塊の世代の人たちは、
何て勉強熱心なんだろうと思う次第だ。

で、今回のテーマは「アジアの風を読む」。
コリア・レポート編集長の辺真一(ピョン・ジンイル)氏である。

最近、ハングルの学習を始めたばかりもあって、
前から楽しみにしていた。

話は大きく分けて2つ。
一つは日本と韓国の違い。
日本人と韓国人の違い。

そして、もう一つは、
やはり拉致問題を含む日朝関係についてだ。

国民性の違いについては、
最近いろんな違いを聞くのだが、
今回学んだこと。

韓国人は時間を守らない。
日本人は待ち合わせの5分前に行くが、
韓国人は30分遅れて、しかも平気だ。

その一方、韓国人は、
絶対、金持ち、上司、年上の方が、
ごちそうなどをおごる。

子どもは親を敬う、などである。

後段の、日朝関係については、
後ほど改めて、問題を整理するとともに、
自分の意見もまとめてみたいと思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

韓国語講座 [07生涯学習]

広島修道大学の「はじめての韓国語講座」を受講した。
3回連続講座だが、楽しみである。
何も3回の勉強だけで、韓国語がしゃべれたり、
書くことが出来るとは思わないが、
韓国を知る上での、まずは第一歩だと思う。

英語とか、フランス語、ドイツ語などは、
アルファベットなので、そんなに違和感はない。
だけど、ハングルとなると、
なにやら記号のようで、まるでアラビア語と同じような
違和感を感じるのも事実だ。

それにしても、新しい言語を学ぶのは、
こんなに面白かったとは。
学校帰りに、早速、参考書を購入した。

助教授によると、韓国語で挫折するのは、
文字だそうだ。読みのほうは、どうにかなるらしい。
でも、文法は、英語と違って、
日本語と同じ順番なので、
とっつきやすいし、理解もしやすいらしい。

ようは、文字を覚え、後は単語を増やせばいい。
言うは易し、行うは難しだが、
興味を持った今こそがチャンス。
少しずつ、頑張ってみようと思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新入生オリエンテーション [07生涯学習]

本当に刺激的なひとときだった。
今年から入った仏教大学通信教育部の
広島支部のオリエンテーションでのことだ。

老若男女、本当にいろんな人が、
通信で学習していたことが分かった。
だれもが真剣そのもの。

教員免許の取得目的のため、
社会福祉を学ぶ人、
そして仏教を極めようとしている人…
本当に多様だ。

でも、問題は、
いかにモチベーションを保つからしい。
確かに、自分で本を読んで、
レポートを書いて提出、そして試験
という繰り返しである。
社会人だから、みんな、それなりに忙しい。
その中で、どう頑張り続けるかが課題となる。

オリエンテーションの後、
居酒屋でざっくばらんな話を聞いた。
どちらかというと、
そこでの話の方が参考になったのだが…

詳しくは、またの機会に。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画検定 [07生涯学習]

今回は、映画検定を受けなかった。
2級はけっこう、難しいのに、
学習が進まなかったからだ。
変な、こだわりがあって、
検定のための勉強は、邪道で、
映画鑑賞の延長線が検定と考えている。

だが、この考えでは、
自分が生まれる前とか、小さいときの映画は、
とんと分からない。
時たま、旧作が上映されたり、
ビデオを借りてみたりするが、
それでは、なかなか追いつかない。

3、4級は、その方針でどうにかなった。
今回も、と思ったんだが、
予想問題などを試してみると、
ちょっと難しかったので、
ちょうど、当日に、用事が出来たので、
といっても、無理をすれば、どうにかなったのだが、
今回は、あきらめることにした。

でも、本心は、受験料がもったいなかったとか、
取り合えず、受験だけはしたらよかったとか
思うのである。

まあ、6月下旬号のキネマ旬報には、
問題が出るので、紙上で挑戦してみるつもりだ。

試験もだが、映画に対する
独自の評論をどうやったら、身につけることが出来るか、
今、そのことが気になってならない。
本当は、そのためにも、
知識を増やさなくてはならない。

同じ勉強するにも、
検定のためではなく、
評論のために、と思えばいい。
そうすれば、僕自身の違和感はなくなるので、
頑張れると思う。


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小菅正夫氏(市民文化大学4) [07生涯学習]

言わずと知れた北海道・旭川市の旭山動物園の園長である。
そう、行動展示の概念を持ち込んで、
一躍、動物園を有名にして、
全国でも1,2位を誇る入館者数にまで押し上げた。

昨年夏、家族で旭山動物園に出かけて、
オランウータンの綱渡りなどに感動したため、
ぜひ一度は、話を聞いてみたいと思っていた。

講演の全体を通して感じたこと。
それは、小菅園長が本当に動物が好きなんだな。
というか、愛情を感じているんだな。

ほかに記憶に残ったエピソードを記す。まずは、
おしどり夫婦という言葉があるが、
おしどりは、すごく夫婦仲がいいイメージがあるが、
実は、次から次へパートナーを変える。
だから、おしどり夫婦は、実は乱交夫婦。

オオカミはあまりいいイメージがないが、
これほど家族思いの動物はいない。

最後に、なぜ行動展示をするようになったのか。
テレビとかによって刺激のある動物の映像が流されるようになった。
そうすると、動物園を訪れていても、
動かないとかで、面白くない。
で、動物本来の動きを見せることで、
観客に、動物園って、こんなに面白かったのかと、
思うようになってもらうのだ。

まずは、安佐動物園に行って、
じっくりと動物たちを眺めてみようかな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ラオスってどんな国 [07生涯学習]

広島修道大学に、公開講座を受けに出かけた。
テーマはラオス。
「ラオスとはどんな国だろうか-貧困の中の豊かさ-」

確かに、ラオスは日本からは、
遠い国であろう。
僕自身、知っていることは、
ほとんどない。
ラオスを囲んだ、例えばタイ、カンボジア、
ベトナム、ミャンマー、そして中国については、
ある程度、知っているのだが…。

今回、貧困の中の豊かさは、
どうしてか?
その答えを知るために、聞きに出かけたが、
ほとんど、そのことには言及されなかった。
その意味では、すこぶる消化不良となった。

そういえば、ちょうど少し前に、
安倍首相とラオスの首相による会談が、
日本で行われ、
1957年以来の共同コミュニケが発表されたと新聞に出ていた。
この講座を受講する予定がなかったら、
絶対、目に付かなかっただろうが、
運よく目にすることができた。

だが、正直なところ、ラオスのことは
ほとんど分からず仕舞いだった。
だが、インドから伝播した小乗仏教、いや上座部仏教の国である。
たぶん、ラオスの国を理解する上では、
この仏教の理解は避けて通れないだろう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

質より量、でも質も [07生涯学習]

この4カ月、とにかくアップに、
これ務めてきた。
まさに、量は質を凌駕する、との考えからだ。
その数は、長短合わせて、446本に上っている。

で、そろそろ質にもこだわって、
ブログを書き進めたい。
もちろん、ブログの特性は、
即時性なので、これを無視するわけではないが、
やはり、練った文章にもこだわりたいモノだ。

ところで、ちりも積もれば、
やはり山となる。
アップしたものをすべて、印字したわけではないけど、
もし行ったら、ものすごい数になるかも。

それと、年末に、書きためたモノを、
簡単な冊子に出来ないものかと考える。
「ボクの2007年」と言った感じでね。

そして、これを毎年、続けることができれば、
そんな壮大なたくらみも試行錯誤中だ。
といっても、全く現実味は、
今のところないんだけれどね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

宮本亜門氏(市民文化大学3) [07生涯学習]

その題目は「違うから面白い、違わないからすばらしい」

本当に、うまかった。
まさに、感動モノだった。

講演であるけれど、
まるで舞台を見ているようだった。

いつものようにメモは取ったが、
それを見ることなく、
頭の中に残った部分を記す。

まずは、宮本さんが子供時代に興味を持ったもの。
幼稚園時代は、日舞。
小学校時代は、裏千家。
そして中、高校時代は、
仏像鑑賞。
うーん、すごいよね。

でも、こう書いても、
話の面白さがうまく伝わらない。
やはり、口から発せられたナマの言葉ではないからか。
うまく伝えきれないことが、もどかしい。

ただ、この言葉だけは、
文章にしても説得力がある。
「死ぬ瞬間まで、人間は人を幸せにできる」
その解釈は、くどくどすまい。
言葉通りに受け止めてもらっていい。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

故障しちゃった [07生涯学習]

パソコンの故障が、
こんなに不便とは予想もしていなかった。
ということは、1日のかなりの時間を
自宅でパソコンに向かっていたことになる。

故障に気が付いて、
色々と挑戦してみたが、うまく行かない。
サポートセンターに電話し、
その指示通りに行ってみたが、
それでもうまく行かない。

で、業者に修理に来てもらうことにした。
で、今のところは、家庭以外のところから、
アップ作業をしている。

そう言えば、こんな話を聞いたことがある。
今時はテレビもオーディオセットも購入しないで、
すべてパソコンで代用している。
だから、単身赴任の時にも、
パソコンだけ持って行けば、
だいたいのことはOKなのだ。

ほんの10年前には、どの家庭にも
パソコンがなかったことを考えれば、
隔世の感である。
携帯とパソコンは、
もう完全に必需品である。
もちろん、調べ物など、
様々な学習にもである。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

石原良純氏(市民文化大学2) [07生涯学習]

市民大学の2回目は石原良純さん。
題目は「空を見よう」だった。

俳優としてよりも、
ほとんど気象予報士としての
石原さんの話だった。

僕は、どちらかというと、
地学は苦手で、天体とか、
気象とかに興味はないのだが、
ちょっぴり、というかかなり
興味を持てるようになった。

導入は、時宜を得た「桜の開花予想」。
そして、なぜ気象予報士を目指したのか。

気象は命にかかわる仕事なので、
当初は、お天気キャスターをする気持ちはなかった。
でも、少しでも、空の楽しさを伝えたくて、
この仕事をするようになった。

それから、自然との距離感、
自然との付き合い方へと
話は進んだ。

そして、たぶん一番、言いたかったこと。
最近は、あれと思う気象が多くなった、と。
それは地球温暖化の影響だが、
ゴア大統領候補の「不都合な真実」を持ち出し、
決して、逃れることの出来ない重要な問題だ、と。

色々と数字を出しながらの説明だったが、
けっして高度にならず、
時折、笑いを誘いながらの講演だった。

それにしても、
一芸に秀でた人は、本当に話がうまい。
その話し方、内容、そして間の取り方。
約1500人を前に、その話しぶりは、
本当に勉強になる。

ブラウン管から感じられる人柄。
それに加えて、生で聞く講演。
かぶさる部分も、本当は違うんだ、
と思う部分もある。

この市民大学講座。本当に有意義なひとときだ。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

老後は銀座で [07生涯学習]

60歳で定年して、もし80歳まで生きるとしたら、
その人が自由に出来る時間は、
確か20万時間だそうだ。
この数字は、平均的なサラリーマンが、
一生の間に働く時間と、
ほぼ同じそうだ。

ということは、
この20万時間をいかに有意義に過ごすかが、
非常に大切になってくる。

といっても、60歳前になって急に、
あたふたしても、その場しのぎだし、
出来るだけ早い時期から、
将来を視野に入れた生活をすべきだそうだ。

高齢者になるに従い、
便利なところに住むべき、というのが僕の考え。
ということは、
究極的には「老後は銀座に住む」が目標となる。

「そんな馬鹿な」と感じる人も多いだろうが、
結構、本気なのである。
まだまだ、15年、20年以上先のことで、
家族も「ふーん」と思っている程度だが、
やはり本気なのである。

好きな映画、舞台は見放題だし、
おしゃれも出来るし、刺激も多いし、
いつまでも若い気持ちでいることが出来る。

まあ、そのためには、
先立つものはお金だけど、
夢は夢として、生活すれば、
張りも出ようというものだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最近のニュースから [07生涯学習]

週1回通っている「話し方教室」。
今回の題目は、「最近のニュースから」だった。

最近のニュースと言っても、
所謂、新聞に掲載されるニュースでもいいし、
自分のまわりのニュースでもいい。
どのトピックスを選ぶかがポイントだ。

そうは言っても、
題目を与えられて、実際に発表するまでの時間は、
10分足らずで、それまでに自分の考えを、
5分程度にまとめなくてはならない。

今回の参加者は9人。うち1人は
結婚式のあいさつの練習をするため
8人が、この課題に取り組んだ。

Aさん 最近、帯状疱疹(ほうしん)になった。
Bさん 2年前にあった近所の殺人事件で、懸賞金が掛けられた。
Cさん 卒業式シーズン 私が「卒業」したいことは。
Dさん 近くであった山火事について。
Eさん (すみません 思い出せません)
Fさん なぜうちの学校は、インフルエンザが少ないか。
Gさん 土佐日記の新しい解釈について。
Hさん 最近、髪の毛を短くした。

とまあ、エピソードはさまざまだ。

感心したのは、Cさんの話の展開の仕方。
ざっと、こんな感じだ。

最近は卒業式シーズン。まあ、私は、卒業式からは、
もうかなり遠ざかっているけれど。
ところで、私が「卒業したい」ものがあります。
私は、夜更かしで、なかなか朝起きられないので、
それを克服したい。
最近、朝早く起きれば、何でも可能になるという、
本も数多く出ているので、頑張ってみようと思った。

で、最初は早く寝たけど、起きるのは同じ時間だった。
朝起きたら、一番に窓ガラスを開ければ良いと聞いた。
実戦してみたら、気持ちよかった。

感心したのは、最初の話の展開と、
その後の話しぶり。
決して、雄弁、冗舌ではないが、
その人の人柄が出ていた。
ほんわかとした気分にもなった。

人の話を注意深く、研究しながら聞くのは、
勉強になるものだと、改めて思った。

PS Eさんの話を思い出したら、また挿入します。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

祝・2万アクセス [07生涯学習]

何事も、目標を持つのは大切なことだ。
よほど、自分に対して、
強い人間でない限り、
目に見える目標がないと、
自分を律することは難しいと思う。

で、このブログは、記事ごとのアクセス数、
全体のアクセス数が出る。
だから、気になるし、
目標にもなる、優れものだ。

で、つい少し前、アクセス数が2万件に達した。
昨年12月22日にスタート、約2ヶ月で達成できた。
まあ、別に狙っていたわけではないが、
うれしい数字である。

20000÷60でだいたい計算すると、
333になり、一日平均300アクセスというところか。
毎日、延べ300人の人が訪れていると思うと、
たかが忘備録だけど、
しっかり頑張って書かないと、
そう思った次第だ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

司会の難しさ [07生涯学習]

先日、とある会議の司会をした。
参加者は約100人。
主催者あいさつ、基調講演、事例発表、審査、表彰式、講評と続く
フォーラムだった。

しゃべることは、ほぼ決まっているので、
比較的、簡単と思っていたが、
これが、なかなか難しかった。

棒読みしてはいけないし、
崩して自分の意見を言ってもいけない。
とにかく、フォーラムがスムーズに行くために、
最善の注意を払わなければならないのだ。

今、通っている話し方教室で、
色々と指摘されていること、
例えば、姿勢であるとか、
声の大きさであるとか、
視線であるとか、
基本的なことから、勉強しなければと思った。

これまで、フォーラムとかで、
パネリストや講演者のことは覚えていたけど、
司会する人のことは、
ほとんど気に留めていなかった。

裏方の大切さ、難しさを再認識させられた
一日でもあった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

宮川泰夫氏(市民文化大学1) [07生涯学習]

月に1回、計10回の市民文化大学を受講することにしたが、
その第一回目があった。
初回の講師は、元NHKアナウンサーの宮川泰夫氏だ。

「のど自慢」の司会を12年間にもわたって、
勤めたことで有名である。
あののど自慢の音楽ぬい乗ってステージに登場した。

のど自慢の裏側について、
興味深いエピソードを交えながら話してもらった。
僕自身、ほとんどのど自慢はみないが、
数年前、のど自慢の映画と、
その続編が上映されたとき、
涙ウルウルになったのを覚えている。

登場人物のエピソードに
感動したからだが、
今回の講演を聞いて、
事実はもっともっと、色んなエピソードが隠されていることが分かった。

やはり、現場の生の声に
接した人は強い。
そして、それを元に話す内容は、
面白いし、感動を人々に与えると思った。

最も、興味深かったのは、
人はなぜ歌うのか、についてだ。

宮川氏は、こう言った。
「心の栄養」を欲してだと。
これは、五木寛之氏にたずねたとき、
こう答えてもらって、
宮川氏も、その通りかも、と思ったらしいが、
たぶん、この見方は、あたっている思う。

また、のど自慢に出場する人たちは、
過去にどんな不幸があったとしても、
その瞬間はみな輝いている。
その輝く瞬間を、お手伝いできることが、
最もやりがいがあった、と述べられた。

講演の内容はもちろん、
その話し方というか、話術にも魅了された。
おこがましいことだが、
少しでも近づくことができればと思った。
  
今回を含めて、10回の講演と、
その感想について、今後、紹介したいと思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

久しぶりの英会話 [07生涯学習]

最近、英会話教室にご無沙汰である。
少し休むと、休み癖がついて、
また足が遠のく。

きのう(22日)、久しぶりに英語に接した。
英語教師を囲んで、4人で食事会を開いたのだ。

英語って、というか外国語は、
やはり継続が大切で、
少しサボると、英語が聞き取れなくなる。

反省は、このあたりまでにして、
オーストラリア出身の、
その英語教師から、面白い話を聞いた。

オーストラリアで盛んなスポーツに、
クリケットがある。インドとか、パキスタン、バングラデッシュでも、
盛んだそうだ。
どこも、イギリス統治の影響だろうか。

日本の野球のように、熱狂するそうだ。
クリケットは、野球のルーツだから、
当たり前といえば、当たり前だがね。

野球もあることはあるらしい。もちろん、
メジャーではないがね。
でも、阪神のウイリアムスは、
確かオーストラリア出身だよね。
オリンピックでも、けっこういい成績を残しているしね。

そのウイリアムスと、
この英語教師がスクール時代、
ちょっとだけ、一緒にベースボールをしたjことがあるらしい。
ウイリアムスは、当時から才能を発揮していたらしい。

どうやら、この英語教師=KANEは、
大変なベースボールファンらしい。
今度、ぜひ一緒に、広島市民球場へ行こうと。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

チャップリンと話術 [07生涯学習]

きのう(19日)の話し方教室は、
たいそう刺激的だった。
いつもなら、スピーチのお題を与えられて、
10分ばかり考えて、
前に出て発表するのだが、
今回は、前に出て、そこで紙をめくって、
それに書いてあるテーマで話すのである。

で、僕が引いた紙に書いてあったのは「家」。
すこぶる抽象的なテーマだった。

だが、引いて、5秒後から、すぐに話さなければならない。
こうした方法は、講演をしょっちゅう頼まれる
あのチャップリンも、
講演先で、聴衆からテーマをもらい、
話していたという。

まず僕が思いついたのは、
「家たるもの男子が、一生掛けて造るもの」
これだけだった。

以下は、その時に話した要旨だが、
今、考えれば、もっと色々な話題を挙げ、
そして起承転結をつけるべきだった、
と思うのだが、あとの祭りである。

【要旨】
「家」は男子が一生掛けて、造るものと言われている。
僕もそう思うが、この前見たテレビで、
家、すなわちマイホームを造るなら、
一戸建て、マンションのどちらがいいか、
話し合っていた。

僕は、どちらかというと、マンション派だ。
庭いじりが好きでなく、
鍵一つで戸締りが出来るマンションが、
便利と考えるからだ。

ところで、アメリカでは、
マンションという言葉は通じない。
マンションではなく、コンドミニアムと言うらしい。
だけど、ついつい、米国人相手でも、
マンションといってしまう。

今、僕の住んでいる、
その、マンションは、なかなか環境はいい。
すぐ後ろが公園で、隣が図書館、
反対どなりがスポーツセンターだ。
子どもたちにとっては、
絶好のロケーションだ。

そのマンションに、
子どもたちが帰ったとき、
誰もいないのは
可哀そうなので、子どもが中学に入るまでは、
妻に家にいてほしいと言っている。
自分は、小さいときに、かぎっ子だったから。

で、まとめに入らないと、いけないのだが、
すぐ思いつかない。
まあ、普通、家といえば、建物としての家を指すと思う。
でも、いくら豪華で、立派な家を造っても、
例えば、家庭内離婚や家庭内別居をしていたのでは、
意味がない。

たとえ、小さくても楽しい我が家。
そんな、家族団らんのできる、
我が家を作りたいと思うし、
そのことが重要だとも思う。

もし、10分間程度、考える時間があったら、
果たして、どんなスピーチになっていただろうか。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

執筆スタート [07生涯学習]

小説を書いてみたい、と思ったからには、
善は急げとばかりに、
もう一つブログを立ち上げて、
とりあえず、執筆を始めた。

テーマが問題だが、
とにかく書くことこそ大切と、
大人の恋愛、とだけ決めた。

エッセイを書くことには、
何ら問題はなかったが、
小説となると、なかなか筆、いやパソコンが進まない。
でも、それだけに、とっても楽しい。

これは、ストレス発散にはもってこい。
ずっと、書き続ければ、
膨大な原稿になる、と一人悦に入っている状態だ。

で、題名は、今のところ秘密。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小説に挑戦 [07生涯学習]

何か、最近変である。
「もう時間がない」との危機感が、
異常に強いのだ。
何か、あせるんだよね。

よく言われることだが、
男子たるもの、いや女子も含めて、
一生のうちに、
一度は自分の本を出したいと、
思うそうだ。

僕自身、それほどは思わないが、
最近、小説に挑戦してみたくなった。
エッセーとか、随筆文なら、
何となく、どうにかなりそうだが、
小説となると、
今まで一度も考えたことがなかった。

本音を言えば、
自分が書いた脚本で、
1本の映画が撮れれば、最高だが、
それは財布と相談しなければならない。

でも、小説なら、紙と鉛筆さえあればいい。
いや、パソコンさえあればいい。

じゃあ、どんな内容か?
全然、そこまでは考えていない。
正直なところ。
でも、このブログを続けるために、
気になったことや、感動したことなど、
メモに取るようになった。

じゃあ、それをもう一歩、進めれば、
小説が書けるのでは、と思った次第だ。

でも、全くの素人。
何から手を付けたらいいのかさえも分からない。
それ以上に、時間もない。
だが、その思いは強まるばかりだ。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

通信講座 [07生涯学習]

また、悪い病気が出てきた。
この前、ネットサーフィンをしていたら、
仏教大学の通信で、
京都の歴史と文化コースを発見したのだ。

京都の歴史と文化を学ぶコース。
京都の祭りや芸能、
さらには、21世紀の京都の姿から、
各時代を生きた人々の思いを読み解く
「探訪京都」もあるらしい。

でも、学生時代の添削は、
なかなか長続きしなかったな。
今回こそは、と今、思っているけど、
まだ、決断は出来ていない。
たぶん、高いんだろうし。

でも、でも、何か制約がないと、
勉強ははかどらないし、
だから、申し込もうかな。
試案時である。

ちなみに、仏教大学は、
昔から、通信では有名。
尊敬する五木寛之氏は、
50歳の頃、休筆して、龍谷大学で学んだらしいが。
そんなことは出来ないしね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

市民文化大学 [07生涯学習]

2月末から11月まで10カ月間、
月1回のペースで開かれる「広島市民文化大学」講座を申し込んだ。
講師陣は、多士済々である。

とりわけ、期待しているのが、演出家・宮本亜門、
旭山動物園園長・小菅正夫、精神科医・香山リカである。

最近、衰えを感じるのが、
メモを取る力だ。
ひとつは、そのスピードについて行けない。
漢字を思い出せない。
だからこそ、きちんとメモを取ってみようと思う。

そして、単なる講演要旨ではなく、
その時に感じたこと、自分の意見もアップしたいと思う。

10人とも、各界の著名人なので、
期待も大きいが、
できれば、その意見に、全面的に賛成するのではなく、
僕なりの疑問をぶつけることが出来ればと思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カミングアウト [07生涯学習]

ブログをはじめて、ちょうど1ヶ月。
これまでに、
このブログをのぞいてくれた人は、
7000人。アクセスが7000件。

多い数字か、少ない数字か、
よく分からないが。

これまで、このブログのアドレスは、
知人には秘密にしていたが、
きょう、ついにカミングアウト。
通っている教室の人たちに、
アドレスを報告した。

もう、後戻りはできない。
日々の更新を頑張るぞ。

次の目標は、アクセス10000かな。
末永く、よろしくお願いしますね。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

一日一人は… [07生涯学習]

仕事関係は別にして、
一日一人は新しい人に出会えたら、と思うのだが、
これがすこぶる難しい。

継続は力なりという格言もあるし、
確かに続けることは素晴らしい。
ただ、それだけじゃあ、人生つまんないじゃん。

本や映画、いろんなものから、
吸収することは可能だけど、
やっぱり生身の人間から、
直接、吸収するのが、やはり一番よ。

で、一日一人は、と考えた訳だ。

で、で、きのうから、僕もミクシィを始めちゃった。
経験者によれば、ものすごーく世界が広がるんだって。
いいものは、どしどし活用して、
僕も世界を拡げなくっちゃ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の30件 | - 07生涯学習 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。