So-net無料ブログ作成

キャプテン [07家族]

中2の長女が、
バトミントン部のキャプテンに選ばれた。
3年生がもうじき引退するため、
2年生の中から選出されたらしい。

本人も意外だっただめ、驚いていた様子。
実はまだ、本人には会っていない。
妻の電話で聞いただけだが…。

部員は、1学年が15人前後なので、
来年、新1年生が入れば、
40人近くを取りまとめなければならない。

大変だとは思うが、将来に向けて、
かけがえのない経験になると思う。
もちろん、悩むことも多いと思うが…。

ところで、説得力を持つには、
本人もバドミントンの腕を上げる必要があろう。
これからは、暇を見つけて、
一緒に練習に行こうと。
マンションのすぐ横が、スポーツセンターで、
すぐに練習ができる環境にあるのだから。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

特訓ゼミ [07家族]

小学6年の息子が、
3日間の「特訓」に通っている。
中学受験のためのものだが、
大変と思いきや、本人はけっこう楽しんでいる。

でも、日程は大変厳しい。
朝7時30分に家を出て、帰宅は夜の10時30分。
昼食も夕食も、塾で取るのである。

先生も生徒も頭に鉢巻きを巻いて、
ある意味、ゲーム感覚なのだ。

ちょうど、この3日間は、
広島でも猛暑日で、最高気温も35度を超える。
だから、どうせ家にいても、
ダラダラするから、ちょうど良かったかも知れない。
ましてや、外に出て遊べば、
熱中症にかかること間違いないから。

あと155日。出来るなら、
楽しみながら、学んでほしい。
将来、いい思い出になるように。
ちなみに、ボクの京都検定までは、
あと110日だよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お受験 [07家族]

長男の塾が主催した中学入試激励会に出かけてきた。
子ども本人だけでなく、
保護者にも、受験というものを再認識してもらい、
どのように子どもに協力し、励ますかを学ぶ会と感じた。

ども保護者の顔も真剣そのもの。
まあ、当たり前であろう。
先生方も「結果はともかく、受験を頑張った課程が大切」
といわれたが、本音はやはり合格していくらの世界であろう。

それはそれとして、

その激励会の最後に、
今23歳で、法科大学院に行っている人の話があった。
この人も中学受験の経験を持つ。
そして大学に行き、今は卒業後、司法試験を目指して、
頑張っているという。
ちょうど保護者と中学受験の子どもたちの「中間」に位置する、
ということで、話をされたのだろう。

僕自身、この23歳の女性の話が、
とても刺激的というか、感動させられた。
目標に向かって突き進む大切さ、
そのためにたゆまぬ努力etc。

子どものことは差し置いて、
自分自身、もっとしっかりせねば、
つまり、
目標に向っていつ何時でも、突き進まねばと思った。

親がそういう姿勢をみせることが、
子どもに対する最大の教育でもあろう。

あと受験まで225日。
もちろん、直接的な目標こそ違うが、
僕自身も、日々、頑張っていこうー。
そんな、当たり前ともいえることを実感させられた一日だった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

突発性難聴 [07家族]

配偶者が、少し前から耳の調子が悪いと言っていた。
放っておいたのだが、
それでも調子が今ひとつということで、
耳鼻科に行った。
診断は、ストレスか何かによるもの。
点滴は打ってもらったが、
調子は、現状維持といったところ。

近くの内科に行ったついでに、
症状を説明した。
突発性難聴かも知れないと言われた。
ネットで調べたら、思い当たる点も多い。
だが、検査の結果は悪くない。

もし、突発性なら、早期治療が大切らしいので、
別の耳鼻科に行って、もう一度、検査してもらうことにした。
間違っていても、検査をしておくことは大事。
用心に超したことはない。

それんしても、いつもは何も思わないが、
体の調子が悪くなって
初めて思いしらされることも多い。

ほとんどの病気の場合、
言葉では聞いていても、知らないことも多い。

病院を信じないわけではないけれど、
一つだけでなく、もう一つの病院で診断することは必要だと思う。
用心に超したことはない。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

母の日にて [07家族]

母の日ということで、
近くに入居している76歳の母のところに
家族と出かけた。
お花を買って。カーネーションを買って。

その母は、痴呆症になっている。
最近は、面白くというか、ある程度冷静に
感じられるようになったとはいえ、
本当は、その姿をあまりみたくないので、
自然と、足が遠のいてしまう。
特別な用事がある場合を除いてだ。

病室というか、自分の部屋には、
何体もの縫いぐるみが置かれていた。
一体、どういう心境なのだろうか。
子どもがマスコット人形と遊ぶのと
同じ感覚なのだろうか。
たぶん、似て非なるものと思う。

少し哲学する。

死と生。たぶん、人間にとって永遠のテーマであろう。
だが、本来の自分でなくなったときの生は、
どのように位置付けられるべき、ものだろうか。

脳死問題などが、その最たるものである。
まあ、認知症の場合、
若干ケースは異なるかもしれないが、
「生」を考える上で、
非常に重要なものとなるかもしれない。

うーん。まだ、自分の中で、
この問題を消化し切れていない感じだ。
ということで、
まずは、ここまで。
近く、またじっくり考えます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

もう14歳 [07家族]

早いものである。
長女がもう14歳になったのだ。
生まれたとき、サッカー観戦に夢中で
電話に出なかったことを、
今でも妻は言う。
そのことを聞いた、長女も同じことを言う。
本当に、月日の経つのは早いものだ。

自分が14歳の時は、
どんな生活をしていたのだろうか。
なかなか思い出せない。
当時の国内、海外状況となると、
もっと思い出せない。

1973年が、ボクの14歳に当たる。
そこで、当時流行った歌を調べてみた。
以下の通りだ。

神田川 (かぐや姫)
わたしの彼は左きき(麻丘めぐみ)
危険なふたり(沢田研二)
恋する夏の日(天地真理)
若葉のささやき(天地真理)
赤とんぼの唄(あのねのね)
ちぎれた愛(西城秀樹)
愛の十字架(西城秀樹)
赤い風船(浅田美代子)
愛への出発(郷ひろみ)
裸のビーナス(郷ひろみ)
中学三年生(森昌子)
てんとう虫のサンバ(チェリッシュ)
白いギター(チェリッシュ)
わたしの青い鳥(桜田淳子)
ロマンス(ガロ)
コーヒーショップで(あべ静江)
同棲時代(大信田礼子)
草原の輝き(アグネス・チャン)
小さな恋の物語(アグネス・チャン)
個人授業(フィンガー5)
夜空(五木ひろし)
他人の関係(金井克子)
五番街のマリーへ(ペドロ&カプリシャス)
街の灯(堺正章)
心の旅(チューリップ)

すごいことに、全曲とも知っているのだ。
当時は、今と違って、流行(はや)り歌は、
みんなが知っていたのだ。

アイドル歌手全盛時代の到来で、
新御三家、花の中三トリオ、麻丘めぐみ、アグネス・チャン、
浅田美代子、あべ静江、フィンガー5
などが相次いでデビューし、活躍したのだ。

で、自分自身は、中学校のテニスクラブで
遅くまで練習していた。
もう34年も前のことだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あれから26年 [07家族]

あれから、もう26年も経つのである。
そう、父がくも膜下出血で逝ってからだ。

ちょうど、大学3年の時だった。
どちらかというと、元気で、
病院にもほとんど掛かったことがなかった。

4月3日に倒れてから、
結局は意識が戻らなかった。
たぶん、今の医学なら助かったかもしれないが、
当時は、そういう時代ではなかった。

人の記憶というのは、
いかげんなもので、
実は、父が息を引き取った、
その瞬間は、すっぽり抜け落ちているのだ。
不思議なものだ。

現実として、受け入れたくなかったからであろうか。
正直なところ、
その後の、葬式での挨拶とか、
そんなことの方が気になったりしていた。
本当に、不思議だ。

もしかしたら、その時は覚えていて、
その後、忘れたのかもしれないし、
元々、覚えてなかったのかもしれない。
ただ、4月17日の命日だけは、
ずっと忘れたことがない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

写真掲載 [07家族]

有料老人ホームで生活している母が、
新聞社のブログのページに登場していた。

ホームに入っている人が
花壇をつくり、そこに花が咲いたというお話。

写真はこんな感じ。

で、後ろの右から2番目。
入所してから、首の調子が悪く
下ばかり向いている。
「借金が多いんで、首が回らなくなったんじゃろう」
と言うと、その意味は分かるようで、
「そんな分けないよ。あんたと違う」とおっしゃる。

でも、やはり調子の良くないときは、
今がいつなのか、ここがどこなのか、
はっきりしないことも多い。

ホームのヘルパーさんには、
大変お世話になっている。
ありがとうございます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

結婚15年 [07家族]

3月20日は結婚記念日だ。
春分の日は20日だったり、21日だったりするので、
毎回、休日というわけではない。

でも、この日に結婚式を挙げる人も多く、
僕たちの結婚式以降、
たしか3組の結婚式に出席した記憶がある。

記憶と言えば、1995年の3月20日は忘れられない。
そう、地下鉄サリン事件があった日だ。
あれから、もう12年経つのだ。

で、僕たちが結婚してから、
まる15年経った。
早いモノですね。
その間に、広島-東京-福山-広島と
住居を変わった。

15年と一口に言っても、
日にちで計算すると、5378日にもなる。
短いようで、長いようで、
長いようで、短いようである。

まあ過去は振り返るまい。
僕個人の目標は、
結婚50年、つまり金婚式を、元気で迎えることだ。
そのためには、
まずは20年、そして銀婚式。
先はまだまだ長いのである。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

プチ自慢 [07家族]

プチ自慢をします。
中1の娘が、期末テストの
「英会話」でクラス1位になりました。
たとえ、一教科でも、
トップになるのは、本人の自信にもなるので
よいことです。
何せ40人中で1位なのですから。

娘は中学受験で、第1志望校には入れませんでしたが、
今は勉強、スポーツと楽しくやっているようです。
本人が楽しく学校に行っているのが何よりと思います。

そこで、親バカなことを一つ。
娘の中学校では、
3年生の夏休みに、カナダにホームスティができる制度があります。
出来れば、ぜひ参加して欲しいと思います。

若いときの経験は、
何にもまして大切だと思うし、
吸収する量も、歳をとってからに比べると、
すこぶる多いはずです。

その新たな目標に向かって、
頑張ってほしいですね。
父より。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

歌でリハビリ [07家族]

母が入所している有料老人ホーム。
ノロウイルスやインフルエンザなどの影響もあって、
ベタ遅れになっていた「交流会」が、
ほぼ1ヶ月遅れであった。

入所者が各階ごとに出し物を披露したり、
ヘルパーの方々も仮装で、
踊りを披露したり、楽しいひとときだった。

痴呆の入った人、手足が不自由になった人など、
症状はさまざま。それでも、
どの入居者も、一生懸命に歌などに取り組んだ。

そこで感じたこと。
やはり、歌を歌うのは、最高のリハビリではないか。
みんな生き生きと目を輝かせている。
いつもは、死んだような目をしているお年よりたちが、
本当に生き生きしている。

音程なんて関係ない。
まずは、声を出す事がいい。
できれば、大きな声なら、もっといい。
身振り、手振りがつくと、
なおさらいい。

そういえば、NHKの「のど自慢」に、
高齢者の人がよく出ているが、
彼らにとっては、最高の健康法なのだろう。

そういう母も、春よこい、早くこい、
などと歌っていた。
ヘルパーさんに、マイクを突きつけられると、
恥ずかしがりながらも、
その声は、少し高くなった。

最近は、とんとご無沙汰だが、
たまには、カラオケで、でっかい声を出すぞ。僕も。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自宅カラオケ [07家族]

面白い遊び道具を発見した。
パソコンテレビのギャオの中に、
カラオケが入っていたのだ。

たぶん500-600曲ぐらいだろう。
おまけに、70年代、80年代、90年代、2000年代別の
人気ランキングや、最新曲も入っているのだ。
もちろん、無料である。

マイクこそないが、パソコンから流れる音量は、
かなり大きく、けっこういける。
中1の長女と小5の長男と3人で、
臨時のカラオケ大会で遊んだ。

山下智久君にSMAP、大塚愛…。
2人の子どもはよく、歌を知っているものだ。
特に、上のおねえちゃんは。

僕も、山下君たちの曲こそ知っているけど、
微妙な部分は分からない。
自分が知らないことを、子どもたちが知っているのは、
少々、腹が立つ。でも、まあ、仕方ないことか。
これから、段々、多くなることだろうし。

約2時間、あっという間に時間が経った。
いと、おもしろし。いと、有意義なり。
そして、子ども2人が寝静まった後、
僕は70、80年代のヒット曲を選び出し、
じっくりと、昔を懐かしみながら、
歌った。小さな声で。

隣の部屋で、妻が聞き耳を立てていたのは、
言うまでもないことだった。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

英検4級 [07家族]

うれしいニュースがありました。
中学1年生の娘が、
英検の4級に合格しました。
中学に入って、英語を学び始めたばかりにしては、
上出来でしょう。

合格したことよりも、娘が自信を持ってくれた方が、
父としてはうれしい限りです。

この歳になると、なかなか英単語は、
覚えられませんが、
若いうちは、どんどん吸収できるみたいです。

今のところ、まだ父としての威厳を保つことができますが、
次第に追い付かれ、追い越されるかもしれません。
それも、悲しいような、逆にうれしいような。

娘が準1級とか受けられるようになったら、
一緒に受けてみるのもいいかも、
ちなみに父は、高校の時、2級を取ってから、
英検とはご無沙汰です。
今から、楽しみです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Xが使えれば [07家族]

時々、息子に算数を教えるけれど、
これが、X(エックス)を使えないので、
めっちゃ面倒だ。
これさえ、なければ簡単に教えられるのに。

まあ、実態のない数字を
記号で表現させるなんて、
無謀と言えば、無謀だが、
これほど便利なものもない。

例えば、こうだ。
少し楽な問題だけどね。
お父さんは今46歳。
子どもは、あと20年後に、ちょうど、
お父さんの半分になる。
じゃあ、今は、子どもは何歳か。

Xを使うとね、
20+46=2×(X+20)の式で、
答えは簡単だよね。
実際はもっと複雑な問題だけどね。

でも、少し考え方を変えてみると、
答えをすぐに出すよりも、
その課程を重視すれば、
そんな記号Xよりも、
今、息子が習っている方法が、
ベターかもしれない、と思った。

まあ、こんな悠長なことを考えるのも、
入試まで、まだまだ日にちがあるからだろう。
いや、本当は、もうあまりないと、考えるべきか。
考え方は同じだから。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

中学受験 [07家族]

最近の子どもは、中学受験で大変である。
雑誌でも、盛んに特集が組まれ、
成功の秘訣はとか、こう教えたとか、
書かれている。

そういう僕も、来年春、長男が一応、中学受験する。
クラスの五分の二程度はするらしい。

もちろん、勉強そのものは塾にお任せするしかないが、
人生勉強の一つとか、
家族の絆の再確認とか、
そんな意味合いで、
この中学受験にかかわって行きたいと思う。

受験日は来年1月末だから、あと350日程度。
結果はどうであれ、その軌跡を、本音は奇跡になればいいんだが、
残しておきたい。
将来、2007年を回顧するためにも。

そんな考えでは、甘いかな。
まあ、あまり気張らずに始めよう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(4) 
共通テーマ:日記・雑感

同期会 [07家族]

会社のことは、
このブログには書かない、ということに決めたが、
同期の連中は、いわば、
家族のようなものということで、
少し触れてみたい。

きょう、久々に同期のものが集まって飲んだ。
6人。それぞれ、子どもも大きくなり、
定年までの年月も、
何となく数えることができるようになった。

大学生で都会に送り出しているもの、
やっと小学校に入学させたものなど、
さまざまだが、
みな、それなりに歳を取っている。

また、マンションのローンが多く残っているもの、
すっかり完済したもの、
そういう意味でも、さまざまだ。

で、みなの共通意見は、
悔いのない残りの人生を過ごすこと。
といっても、まだまだ残りの人生は長いのだが、
会社に頼りきるのではなく、
個々人として頑張って行こうとね。

まあ、実際には、そんなかっこいいものではなく、
もっと悩んだり、落ち込んだりすることも多いんだけどね。

ここからは、僕の考え。

同期がたまに集まって、
傷のなめ合いをするのもいい。
でも、できれば、もっともっと、
積極的な集まりにしたいものだ。
それこそ、掛け替えのない人生なのだから。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

上を向いて [07家族]

前回、続きと書きながら、
ずっと放っておいた。
そう、母が、
有料特別老人ホームに入所してから後の話だ。

割合、近くに住んでいるとはいえ、
なかなか、見舞いに行けない。
面会が原則的に、午後6時と言うこともあるのだが…

母は昔、教員をしていたので、
今も、自分が現職の学校の先生のつもりでいる。
だから、当然、つじつまが合わないし、ややこしい。

母の話を聞いていると眠くなったりする。
適当に聞き流しつつ、相づちを打っているからだ。

でも、時々、正常というか、
普通になる。
そこのところを、理解するのが非常に難しい。

入所して、しばらく立って、
妙に頭が下を向くようになった。
腰が曲がるのではなく、
首がいつも下に曲がっているのだ。
時々、「前をみたら」と言うと、
前方を見るのだが、またいつのまにか、
下を満ちているのだ。

そうしていると、首がその状態で、
固まってしまう。
なかなか難儀なのだ。

先生(この場合、本当の先生、つまりお医者さん)に聞くと、
別に薬の影響でもなく、
原因はよく分からないという。
見た目がよくないし、
前方を見てないので、転ぶのではないかと心配でもある。

まあ、それを除くとすこぶる元気で、
体重もどんどん増えた。
いや、増えすぎかもしれない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

誕生日と認知症 [07家族]

きょうは母の誕生日。
昭和6年生まれだから76歳だ。

だが、その母は、
自分が昭和6年1月25日生まれとは分かっても、
自分の年齢は分からない。

「いくつ」と聞くと、50歳になったり、もっと若くなったり
尋ねるたびに、答えが違うのである。

母が、このような症状になったのは、
3年くらい前かな。
当時、一人暮らしで、
「泥棒に入られたけど、テレビのリモコンだけ取られた」と、
電話をしてきた。

おかしいな、とは感じたものの、
放っていた。

だが、それから徐々におかしくなり、
2004年9月に広島に引き取ったが、
なかなか面倒を見るのが大変だし、
本人も退屈そうなので、
翌々月から、自宅近くの有料老人ホームで、
お世話してもらうことにした。

あれから、2年と3カ月。
あっという間のようで、長くもあった。
(続く)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

えいご漬け [07家族]

小学校5年の長男の誕生祝いに、
DSのソフトを買いに行ったついでに、
「えいご漬け」を購入した。

英語学習のためのソフトだが、
これが、けっこう暇つぶしというか、
面白く、ずっと遊んだ。
中学校1年生の長女も一緒になってね。

脳の体操にもなるので、当分は気分転換によさそう。
もっと、ちゃんと英語の勉強もしなくてはいけないんだけどね。

まあ、長女が夢中になってくれたのは、
一つの収穫だけどね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

呆けるということ [07家族]

昔は呆けがなかったと思う。
そりゃあ、平均寿命が50歳程度だったら、
呆ける前に死んでいたのでは。
つまり、脳と体の寿命が同じだったわけだ。

でも、これだけ高齢化社会になると、
そうもいかない。
体は元気でも脳の方は今ひとつとか、
またはその逆のケースも生まれてくる。

できるなら、そのどちらもイヤだけど、
究極の選択を迫られたら、
程度が軽いのなら、
呆けて、少し体が不自由がいいかも。

で、ここからは家族のこと。
母の調子がおかしいと思ったのは、
そう3年くらい前。
同居はしていなかったから、
なかなか気が付かなかったけど、
あきらかにおかしいのである。
例えば「泥棒が入ったけど、テレビのリモコンだけ盗んで行った」とか、
のたまうのである。

それやこれやで、
我が家に引き取って、少しは面倒を見たが、
今は近くの有料老人ホームに。
けっこう楽しくやっているように見える。
本人は、どうか分からないのであるが。

たぶん、呆け始めて、
自覚症状があった頃が、
一番不安だったのではなかろうか。
「なかなか思い出せない」「こんなハズでは」-。
その度合いが、日増しに高まったハズだ。

今は、私(長男)のことは分かるが、配偶者とか孫のことは分かったり、
分からなかったり。
かつて学校の教師をしていたが、今でも現役の教師と思っているらしい。
「職員会議」「通知表」「家庭訪問」とかいった言葉が出てくる。

適当に聞き流しておけば、いいのだが、これがなかなか難しい。
ついつい本気になってしまう。
でも、老人ホームで、いつも一緒というわけではないので、
どうにか大丈夫である。

呆けるといことを、時々、このブログで考えてみたい。(続く)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

妻の誕生日 [07家族]

きょうは、妻の誕生日。年齢は?歳。
本人は、2人の子どもにもごまかしていたが、
最近は生年月日を知られたため、
ばれてしまったよう。
つい最近まで、
サンタクロースの存在を信じていただけに、
簡単にごまかせると思っていたのだろうが、
そう甘いものではないのだ。

で、今夜は家族で外食。
といっても、そう堅苦しくなく、
バイキング方式のところ。

そういえば、6年くらい前、
東京に住んでいたとき、
クリスマスに、家族でホテルのランチに行った。
ホテルの一室を借り切ったが、
これが、たぶん30畳近くあって、
子どもたちが大騒ぎした。

「ありがとうね」「おいしいの」。でも「お金あるの」。
そんな会話が、
つい先日のことのようだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

重大ニュース [07家族]

我が家の今年の重大ニュース。といっても、僕を中心に。
順位を付けずにアトランダムに。
●家族旅行で北京・北海道・京都・そして明日から沖縄に。
●僕、歌舞伎にはまる。南座を初体験。
●僕、検定にはまる。京都検定に、映画検定。
●僕・配偶者がスポーツジムに。
●僕、話し方教室に入る。

こんな、ところでしょうか。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。