So-net無料ブログ作成
検索選択

異業種交流の勧め(1月18日) [08風に吹かれて(1月分)]

ちまたで流行っているのが「異業種交流」だ。
会社内だとか、同じ職業の人たちだけでなく、
異なった職業の人や、さまざまな立場の人々と、
交流を深めようというのだ。

確かに、男性の場合、もちろん女性もだが、
会社に入って、そこが生活の基盤となると、
それ以外の人たちと付き合う機会はめっぽう減ってしまう。

あるとしても飲み屋で知り合うとか、
ゴルフをする人は、その仲間であったり、
そんなものであろう。

これが欧米とかなら、
夫婦単位で色んな会合に出かけたり、
地域の集まりがあったり、
わが国とはかなり事情が異なるようだ。

そんなことを考えるのも、
右肩上がりの時代ではなくなり、
一つの会社にずっと最後までいるような、
ご時勢ではなくなった今、
やはり頼りになるのは「自分自身」であると、思うからだ。

そんな厳しい時代では、
自分自身が色んな能力を身に付けることが重要と思う。
さまざまな分野の人たちと知り合いになったり、
または、そこを基盤にもっと交流を広広げたりするのことも、
能力を見に付けるための、一つの方策であろう。

具体的には、
語学を学んだり、空いた時間を使って趣味に精を出したり、
何より、自分のスキルアップのために、
仲間で学習会を開いたり、色んなことが考えられる。

で、先ほどまで、
僕が通っている「教室」の新年会があった。
総勢、先生を含めて12人。
22歳の大学生から60歳代の人まで、
さまざまなメンバーが集まって、酒を酌み交わした。

利害関係がないから、話しは取り留めなく盛り上がる。
最近、彼女が出来たと言う、
もうじき30歳の男性を冷やかし半分に、
みなで「激励」したり、バカ話をしたり、
楽しいひとときだった。

もともと、この「教室」のメンバーは、
少しでも、皆の前で自分の意見を、
きっちりと話すことが出来るようにと、
通い始めた人がほとんどである。
その意味では、
こんな集まりも勉強の一環にならないこともないが…。

話しは変わるが、この正月に来た年賀状を見てみても、、
やはり何と言っても多いのは会社関係。
そうじゃなくて、もっと異なった、それこそ異業者の人から、
もっともっと多くなればと思ってる。

まあ、最近は、年賀状でなくても、メールであったり、
携帯での連絡であったり、
つながりの方法は色々あると思うけれど…。
ふと、何かの機会に、自分の人脈を探ってみると、
意外と少ないことを実感するのである。

今年は、1対1の関係を重視したいと、
年始に思ったけれど、
それに加えて、もっと大勢での集まりも、
やはり欠かせないと思う。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 2

美保

今回は都合により参加できませんでしたが、次回は是非、参加したいです!!
確かに「異業種交流」は自分の考えが固着するのを防ぐだけでなく、悩みの解決にも繋がることがあり、私自身できるだけ、そのような場を持つように心がけています・・
by 美保 (2008-01-20 23:27) 

れいちゃん

男対男でも、男対女でも、女対女でも、
色々なパターンはあると思うけれど、
できるだけ、多くの人と、悩みが言い合える関係を作りたい。
そうなると、今の仕事とか、会社とかから、
出来るだけ遠い存在の方がいい気もする。
どう思います?。美保さん。
by れいちゃん (2008-01-21 17:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。