So-net無料ブログ作成

最近のテレビから(1月16日) [08風に吹かれて(1月分)]

面白いテレビは少ないけれど、
時たま食い入るように見る番組がある。
あらかじめ見たい場合と、
偶然にチャンネルを合わせるケースもある。

この前の土曜日に見た「1秒」をテーマにした番組は、
興味深いものだった。
民放とは思えない、重厚な作りであった。

1秒の間に、どんなことが起きるかとか、
こんなことが既に起こっているとかを、
示す内容だが、
軍事と環境破壊の関連性は、
頭では分かっていても、
具体的な数字を持ち出されると、
かなり説得力があったのだ。

せっかくの具体的な数字も、忘れてしまったが、
確か、戦闘機を1機1秒、飛ばせば、
車を何万台もかなりの時間、走らせるのと同じ、
燃料を使うそうだ。
ということは、それだけ地球に優しくないということだ。

でも、映像的にもっとも心に残ったというか、
胸に突き刺さったのは、
その人の人生が病気のために、
10倍の速度で進んでしまう、
インド人のきょうだいの映像だった。

10歳といえば、不通ならまだ子どもだが、
この場合は、もう100歳、いつ死んでもおかしくないのだ。

ということは、僕たちが1日1秒を大切にしたいと、
紋切り型の言葉でいうのと違って、
本当に大切にせざるを得ないのだ。
何と残酷な病気なのだろうか。

周りからは当然、奇異な目で見られるし、
抵抗力もすこぶる弱いという。
だから風邪を引いただけで、
生死にかかわることになるのだ。

「時間」つながりで言えば、
昨日見た坂東玉三郎のドキュメントも、
胸に打つものがあった。

玉三郎は、言わずと知れた当代きっての女形だが、
自分の全生活を舞台にかけている。

だから、本当に舞台と自宅との往復で、
舞台によくないことは一切しない。
飲みに行くこともなければ、
マッサージは専属を付けて、
365日欠かさず行っているという。

その玉三郎でさえ、先のことは分からないので、
とりあえず、明日のことだけ見据えているという。

明日の舞台をきっちりと演じたい、
そのためには、出来ることを完全な形で行う、
そういう姿勢をずっと貫いているのだ。

凡人の僕たちでさえ、
ある意味、もっと先のこととか、
将来を考えたりする。
それは、現実逃避であったり、時には気分転換であったりする。

だが、玉三郎は違うのだ。
客観的に考えると、十二分に先を読むことができると思うけれど、
あえてそれは行わずに、
ひたすら目の前のことに全力を傾ける。

すごいことだと思う。

今回、時間というものを改めて考えさせられた、
二つの番組だった。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

美保

目標を達成させる為に「ゴールを見据える」と様々な苦難を乗り超えられる。と聞いたことがありますが、「明日のことだけ見据える」方が確実かもしれませんね・・
人生は短いので目標を持って計画的に進めることも大切ですが、今はあることからもっと柔軟に考えた方がよいと思っています・・実は私、こう見えて意外に神経質なところがアリマス・・・明日何があるか分からない・・明日どんな出会いがあるか分からない・・と思えば人生楽しく感じるし、柔軟で、おおらかな気持ちになれます・・特に女性はおおらかで朗らかでないとね・・♪
時間を大切に使うことも踏まえて、私も明日のことだけ見据えて頑張ろうと思います!
ということで、風邪もほぼ完治したので明日からお仕事復活です!!随分お休みしてしまったので気が重いけれど、明日のことだけ見据えて頑張って行って来マス☆
by 美保 (2008-01-16 17:50) 

れいちゃん

昔、そう学生時代は、そんなに悩むことはなかった。
それが、社会に出て、結婚して、子どもができて、
ある意味、日々、悩みの連続です。

どうにか、それを脱出しようと、
自分なりに目標を立てますが、
なかなかうまく行かないことも多いものです。

そんな時、とりあえず、あすのことを、
という生き方は、けっこう目標としては、
分かりやすいし、
どうにか行くかもと感じたりします。

まずは健康。
美保さんも頑張って行きましょう。
もちろん私もですが。
by れいちゃん (2008-01-16 21:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。